巨人ドラフト2016年予想!今年は大胆な戦略か!?補強ポイントと合わせて記載!※吉川尚輝を獲得しました!

%e5%b7%a8%e4%ba%ba

※吉川尚輝の交渉権獲得しました!

2016年巨人ドラフト予想記載!

高橋由伸新監督のもと、新たなスタートを切った巨人。しかし、まさにその監督人事も含めたゴタゴタのツケが結果に表れたシーズンだったのではないでしょうか。

2位でペナントを終えたとはいえ、チグハグな攻守に大事なところで勝ち切れない勝負弱さが目立ち、勝ち越しはわずかに2つ。最後も3位・横浜をギリギリ躱した格好で両者の勢いの差は一目瞭然。健闘したとはいえCSも横浜相手に敗退し、常に優勝が求められる巨人にとっては非常に厳しい一年となりました。

シーズンの結果から、賭博問題の影響もあり慎重を期した指名となった昨年のドラフトのような形をとるような余裕は無く、巻き返しを目指して大胆な指名を行うことが予想されます。

【補強ポイント・戦略】

内海哲也や大竹寛といったベテランの奮闘もありましたが、田口麗斗・今村信貴といった若い投手が先発ローテを担ったのは明るい材料です。ただし、ここぞで本当に頼りになる投手は現状では菅野智之とマイコラスぐらい。菅野が離脱したCSのような状況では一気にチームが不安に陥ってしまいます。

正直言って、菅野の後に続きエースを担える投手も見当たらず、チームを背負って立つ「エース候補」を競合覚悟ででも指名したいところです。

チームの構成上は左腕も少なくなかったのですが、助っ人外人やトレード・戦力外から獲得した選手が多く、いずれも機能しませんでした。今オフに戦力外・自由契約で退団濃厚な左腕は既に5名程度にのぼっており、補強はしたいところ。先発に限らず、山口鉄也の成績を鑑みればリリーフの即戦力候補を下位指名するのも手でしょう。

野手では坂本勇人の後継者に今年も移籍選手で賄おうとしてうまくいかなかった二塁手。支配下登録は長野と大田のみという右打ちの外野手といった辺りも指名したいところですが、今ドラフトは投手の「エース候補」に続き、まずは巨人らしい華のある選手を獲得してほしいところです。

【マークしている主な選手】

<1位候補:即戦力投手>

田中正義  投手  右投げ右打ち 創価大

佐々木千隼 投手  右投げ右打ち 桜美林大

今井達也  投手  右投げ右打ち 作新学院

複数の1位候補の中でも、田中・佐々木の両大学生投手が有力ではないかと見られています。佐々木については巨人OBで永くスカウトを務めていた大森剛(現・国際部課長)の息子・大森雄貴が桜美林大でプレーしていた繋がりがあり、他球団より一足早くマークしてきたという経緯があるようです。

また、巨人の大投手・江川卓の母校・作新学院を甲子園優勝へ導いた今井は実力・スター性ともに抜群で将来のエース候補として申し分ない右腕。田中・佐々木よりも競合の可能性が少ないとみられている点も、今の巨人にとっては魅力かもしれません。

<指名候補:左投手>

古谷優人  投手  左投げ左打ち 江陵

山口裕次郎 投手  左投げ左打ち 大阪桐蔭

中尾輝   投手  左投げ左打ち 名古屋経済大

土肥星也  投手  左投げ左打ち 大阪ガス

いずれも先発・リリーフ両面で活躍が期待できる左腕。古谷・山口・中尾はいずれもガッシリ体型で力強いボールを投げ込む、巨人の左腕には多いタイプ。逆に言えば、最近の好みのタイプともいえます。土肥は長いリーチをしならせてキレの良い速球を投げ込む、今が伸び盛りの投手。高卒3年目で現状即戦力とは言い難いですが、伸びしろの大きさが魅力です。公文克彦に続き、大阪ガスから速球派左腕の指名を目指すことになるのでしょうか。

【指名候補・その他野手】

石井一成  内野手 右投げ左打ち 早稲田大

石垣雅海  内野手 右投げ右打ち 酒田南

金子聖史  内野手 右投げ右打ち 東芝

森山恵佑  外野手 左投げ左打ち 専修大

とにかく打か守りか、どちらかだけでもポテンシャルのある夢のある選手、チームの中心を担える選手を指名したいところ。石井は遊撃手として確かな守備に加え、今春以降は長打力もアップ。作新学院、早稲田大と名門を経てきた華のある選手で、プロでもキャプテンを期待できる点なども魅力です。坂本の後継者として、はたまた二塁手のレギュラーとしても期待できるのではないでしょうか。

石垣・森山はとにかく遠くへ飛ばす能力にかけては非凡で、真のスラッガーとなれる可能性を秘めています。石垣は最終学年は遊撃手としてプレーしましたが、細やかさや精度を求めるよりは奔放なプレーができるポジションの方が良さそうです。持ち味の脚力・強肩を活かし、外野手として期待できるのではないでしょうか。

森山は守備に難がありますが、それでも起用したくなる打の魅力があります。筒香や山田ら若くしてリーグを代表するスラッガーたちが出てきた中、巨人にもそんな存在が欲しいところ。岡本和真とともに、そんな期待に応えられるかもしれません。

金子も三塁もしくは外野で勝負したい強打者。今の巨人に欲しい勝負強いバッティングができる打者でもあります

【最後に】

選手層が薄い、というよりは停滞感・閉塞感のようなものがあったような今シーズン。打開してチームの活性化・ファンの期待感アップを大いにもたらすドラフトにするべく、例年以上に「勝負」することが求められそうです。

豊作と言われる中にも逃げや妥協の無い指名ができるのか、シーズンを終えたばかりですが、来季に向けての大一番を迎えます。

Facebook Comments

Be the first to comment on "巨人ドラフト2016年予想!今年は大胆な戦略か!?補強ポイントと合わせて記載!※吉川尚輝を獲得しました!"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*