白鴎大学中塚駿太。191cm100kgの巨体がプロの世界へ殴り込み!ラーメン替え玉4回はイージー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
%e4%b8%ad%e5%a1%9a

※西武に2位指名されました!

2016年ドラフト候補白鴎大学中塚駿太。191㌢102㌔の巨体でポジションは投手という異端な選手をご紹介します。最速157㌔を計測するスピードもさることながら将来性も高い中塚俊太とは一体どんな選手なのか。

スポンサーリンク

【簡単なプロフィール】

中塚 駿太(なかつか しゅんた)

ポジション:投手

身長:191センチ

体重:102キロ

投打:右投げ右打ち

ドラフト年:2016年のドラフト上位候補

経歴:松代小学校→手代木中学校→つくば秀英高校→白鴎大学(現4年生)

「中塚駿太」の画像検索結果

【経歴】

茨城県つくば出身の中塚駿太選手は、松代小学校の4年性から軟式野球を始め、手代木中学校では捕手を務めました。

その後、つくば秀英高校に進学するも、目立った実績もありません。唯一あるとすれば、高校3年生で茨城県大会2回戦が最高です。

そして白鵬大学への進学後、1年生の春からリーグ戦に出場しました。

しかしながら、高校の成績も目立っていないせいか、出場機会に恵まれず、結局先発なしのリリーフ9試合の出場に留まります。白星は大学3年生の秋までありませんでしたが、中塚選手の潜在能力には目をみはるものがあります。

さらに、恵まれた体についてはポテンシャルの高さを感じます。

例えば、上背が192センチある高さから、直球を投げおろす際の、バッター的な真理は恐怖としか思えないのですが、さらに、ノーワインドアップから速球157キロという武器は、相手チームから見て相当なプレッシャーがあると思いますが、スピードがあっても通用しない選手はこれまでもたくさんいてました。

そこで、今後の中塚投手の課題は、コントロールであると思います。

コントロールをしっかりと身につけていけば、潜在能力の高さからプロでも大暴れする予感が致します。

【まとめ・指名球団予想】

今回のドラフトにおいて、中塚投手は上位に食い込んでくるものと予想していますが、それはこれまでの実力や実戦成績ということよりも、元々の投手としての潜在能力を買っているということが大きいと思います。プロ野球の球団も素質を重視する傾向があり、荒削りの素材を2年程度で育てれば、立派なプロ選手になると踏んでいると思います。

つまり、育成面で力を入れてる球団が指名する可能性が高いでしょう。

例えば、今年セリーグを制した、広島カープでは秋や春のキャンプでは練習に練習を重ね、若いピッチャーを育成していく方針が強いと感じます。そういった意味で中塚投手を丹念に育成していけば、元々高いポテンシャルを持っている素材であり、プロの環境へ適応して大きく羽ばたく可能性はあるでしょう。

他にも育成に力を入れて数年先に完成が期待できる投手を獲得しているのはソフトバンク、オリックス、楽天といった球団にドラフト指名される可能性が考えられます。

最後に余談ではありますが、中塚の出身高校でもあるつくば秀英は甲子園で名前を聞くことはありませんが、今年も同じくドラフト候補長井良太がいてるなど魅力的な選手が集まってます。近い将来常総学院を破って甲子園に出てきてほしいですね!

Facebook Comments

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする