2016年ドラフト候補島孝明!阪神がひっそり指名との噂も!?U-18にも選ばれた島の魅力とは。

スポンサーリンク
%e5%b3%b6

※千葉ロッテに3位指名されました!

甲子園に出場せずにU-18に選ばれた逸材島孝明。県予選から度々話題になっていたが、早川擁する木更津総合に破れて涙を飲んだ。そんな島の非凡な能力とは一体なんなのかご紹介します。

スポンサーリンク

簡単なプロフィール

名前:島 孝明(東海大市原望洋)千葉県

身長:180cm

体重:80kg

投げ:右

打ち:右

出身:兵庫県宝塚市

いきなり余談ですが、早実の野村大樹も宝塚市の出身ですね。ヤクルト山田哲人もそうだが、兵庫の宝塚・伊丹・尼崎あたりは野球が上手な選手が多いですね。

経歴

小学生時代は捕手を主に勤め、中学時代には佐倉シニアでピッチャーを勤める。また、中学時代には夏の大会でベスト4入りをしている。

高校生では1年生の春大会からベンチ入りを果たす。しかし、千葉代表として迎えた甲子園では控え投手としてベンチ入りをするも登板の機会なし。

2年生の秋にエースナンバー背番号1を受け継ぎ、夏の予選で先発としてマウンドに立つが3回途中5失点で降板する

秋の大会では、3試合で先発2回の中でトータル4失点の実績を残す。

3年生の夏大会では、木総に22イニング無得点の0-1で敗れ敗退。その後甲子園未出場ながら侍JAPANのU18に選出される。

スカウトからの評価

投手としての素材はどの球団もナンバーワンだという球団も多いようです。

スピードガン以上に球のキレと質を感じるという。

145km~150kmが簡単に出るところはスピードピッチャーとして期待が持てるがスタミナが更につけば先発でも十二分に通用する。

1年生のころと見比べると下半身の強さとそれに伴って投球スタイルなど総合的にかなりレベルアップをしている。

スライダーが135km出るのはプロのレベル技巧派として伸びしろがまだまだある。

ストライクを先行することができる。※千葉大会では四死球0

U18の日本代表の試合を終え台湾から帰国後、プロ志望届を提出していることが分かりました。進路についてもプロを希望していて今年のドラフトの最も注目される投手になること間違いなしと思います。

球速は申し分ないし制球力にも問題なく安定したピッチングをしています。プロで通用するためにもまだまだレベルアップができると思います。更なる期待が膨らみますね。東海系列の先輩菅野のような完成度の高い投手になってほしいです!

Facebook Comments

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしてね

スポンサーリンク