兵庫代表市立尼崎が33年ぶりに甲子園に登場!激戦の末に八戸学院光星に敗れる!大会3日目は延長までもつれ込む激戦に

スポンサーリンク
fdfdd

大会は早くも3日目に突入しております。本日の第一試合では地元兵庫から市立尼崎VS青森の強豪八戸学院光星が激突しました。今大会初の延長までもつれこんだ熱戦は5-4で光星が勝利しました!内容を振り返ります

スポンサーリンク

守備の市尼VS打撃の光星意外な展開でスタートしました

兵庫予選でも粘り強い内容で勝ち上げってきた市尼と高い打撃能力で青森大会を制した八戸学院光星。

1裏に二死2塁とした市尼は4番藤井のタイムリーで早速先制しました。終わってみれば藤井は4安打と大当たりでしたので、市尼としては藤井の前にランナーをためたかったです。

攻めあぐねていた光星は6回一気呵成の攻撃で逆転に成功!

こちらも結果的に4安打と大当たりの光星3番田城!6表先頭打者田城が捉えた打球はそのままスタンドイン!前評判通りの打力で試合を振り出しに戻します。

緊張が取れた光星打線が平林に襲い掛かります。ホームランを皮切りに走塁死もあったが6連打で4点奪い、一気に試合をひっくり返します。

追いすがる市尼終盤に見せ場はやってきます

粘り強さが持ち味の市尼は7回に1点を返して迎えた9回。主将前田のヒットでランナーを出すと、続く谷尻の当たりは左中間を破るタイムリー二塁打!4-3としなおも無死2塁。木森が確実に送って、一死3塁からセンスが光る9番殿谷がきっちりライトへ犠牲フライで同点に。球場の盛り上がりは最高潮と達し延長戦へ

10回やはり田城が試合に決着を

二つのエラーがあり二死満塁。ここで迎えるは今日一番タイミングが合っている3番田城!画面越しからでも雰囲気を感じる好打者の放った打球は一塁手のグラブをはじくタイムリー内安打。結局この1点が決勝点となり、5-4で八戸学院光星が勝利。

感想&まとめ

ナイスゲームでした。やはり地元ということもあり満員に膨れ上がったアルプスの応援は鳥肌が立ちました。9回に同点に追いつく場面では「これぞ甲子園!」と思わせてくれる雰囲気がありました。

光星の4番益田も尼崎出身ですので、市尼の思いも背負って二回戦でも暴れてくれるでしょう!

両チームに拍手です。

Facebook Comments

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしてね

スポンサーリンク