ドラフト候補堀瑞輝!広島弁と笑顔が素敵だが野球の能力も凄い!※日ハムに1位指名されました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
%e5%a0%80

※日ハムに1位指名されました!

2016年夏の甲子園は好投手が多く存在した。その中でも広島新庄高校の堀瑞輝投手にはプロで活躍できそうだと感じるものがあった。その堀瑞輝選手の魅力・能力をご紹介をします!

スポンサーリンク

簡単なプロフィール

堀 瑞輝

広島県呉市立呉昭和中学校出身

1998年5月10日18歳

175cm76kg

投手(左投左打)

在籍:広島新庄高校

「堀瑞樹」の画像検索結果

【経歴】

堀瑞輝は、小学校3年生の時にピッチャーとして野球をスタート。

呉昭和中学校では軟式野球部に所属をしていた。中学の頃の試合のデータなどは見当たらないが、その当時から投手としてサイドに近い投球フォームで投げていた。

そのまま高校は地元の高校に進学をした。広島新庄高校では1年夏からベンチ入り。1年の秋には県大会で好成績を残し、県優勝に大きく貢献をした。

3年の夏には甲子園に出場をし、2年連続で初戦突破を果たす。その初戦の相手は関東の強豪関東一高で好カードとなったが、注目通りの好試合が展開され延長12回の後1-0で広島新庄が勝利。

この試合堀は177球1失点で完投。「1点であれば抑えられる自信があった」という言葉からもその力強さと自信がうかがえる。

U-18にも選出される

甲子園の活躍や前評判の高さもあってU-18メンバーにも選ばれた。U-18はアジア大会優勝を果たすのだが、この大会で堀瑞輝は世間の注目そしてスカウトの評価を更に高める。

特に台湾との決勝では作新今井の後を継いで6回から登板し無安打8奪三振と完璧な投球を見せた。ラストボールとなった右打者インローにズバっと決まった148㌔の真っ直ぐはプロでも簡単には打てないボールだったと思うし、スカウトに対しても大きなアピールになった。

堀瑞輝の魅力とは

まずは左で148㌔投げることが一つ目の魅力だろう。それよりもスカウトが評価するのがサイド気味から繰り出されるスライダーだ。初見の打者がこの球を捉えることはかなり難しいだろう。堀瑞輝本人は広島新庄のOBでもある巨人田口に憧れており、雰囲気や投球動作もどこか似ていると言われている。田口も高卒2年目から先発ローテに入ってきた素晴らしい投手だが、私が目指して欲しい選手はずばり日ハム宮西だ。同じ左投げでスライダーを武器とし、精神的にもタフそうな堀には宮西のように勝ちパターンで出てくる貴重なリリーバーとしてプロの舞台で暴れてほしい。

注目の進路についてだが、甲子園が終わった後に「できればプロに」と発言していたので志望届を提出するとみられる。そうなればドラフトにかかるのは間違いないだろうが、何巡目指名かが注目ポイントになりそうだ。球団によっては3巡目あたりでと考えているだろうが、高評価している球団が2巡目で取ると私は予想します。

いづれにせよプロに進んだ後先輩の田口と投げ合う日を楽しみにしたいと思う。

Facebook Comments

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント