2016年ドラフト候補今井達也!投球フォームが綺麗で前で放す威力ある直球が魅力。※西武に1位指名されました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
今井

※西武に1位指名されました!

2016年夏の甲子園大会に一人のスーパースターが現れた。優勝候補ではなかった作新学院を優勝に導いた投手今井達也。彼の魅力は、絶対まだまだ良くなる選手だ!と野球ファンなら直感的にそう思う何かがある。そんな顔もイケメンだが投球フォーム含め野球力もイケメンな今井達也をご紹介。

スポンサーリンク

まずは簡単なプロフィールを

今井 達也

1998年5月9日生まれ18歳

栃木県鹿沼市出身

180cm72kg

外野手(右投、右打)

夏の甲子園が行われたのはまだ記憶に新しいと思うが、この2016年夏の甲子園で優勝をした作新学院のメンバーの1人として今井達也選手がいる。最速152km/hの直球が持ち味であり、ドラフトでどこに入るのか大注目されている。イケメンでかっこいい!とも言われているこの今井選手、一体どんな選手?

過去の経歴

今井が野球を始めたのは小学1年生の頃であった。地元の野球クラブ「北光クラブ」に所属をして野球をしていた。

その後、中学は鹿沼西中学校に進学をし、ポニーリーグ・鹿沼REDSOX(レッドソックス)に所属していた。中学3年生の頃には全国大会出場の経験を持つ。野球は学校外で行っていたため、学校では陸上部に所属をしていたそうだ。走り幅跳びで県大会6位という記録も持ち、身体能力の高さが伺える。

そして近年ではもはや当たり前になっている県外の高校への進学。甲子園という舞台を目指す上では当然とも言える選択だが、今井は地元栃木県の作新学院高校に入学。地元の高校といえど作新学院高校はかなりの強豪校である。夏は5年連続出場と栃木県内では巨塔である。この作新に入ったことでさらに注目を集めるような選手へと成長を遂げる。

今井選手の活躍は、中学の頃も大きくあったが、やはり高校の活躍に焦点を当てていきたいところである。

高校に入ってから、2年生の夏にベンチ入りをした。背番号は11。先発2試合を含む3試合、合計6.1回に起用をされ、最速144km/hを記録。しかし、コントロールが不安定で大きな課題とされていた。

甲子園ではメンバーから外れた為登板機会はなかった。そんな中、課題であった体力と制球力に磨きをかけ秋に背番号1を獲得。

高校3年生の夏には作新高校のエースとして甲子園出場を果たし、周知の通り優勝と最高の結果を残す。

また、2016年8月27日にU-18アジア選手権壮行試合が行われた。今井は8回から2イニングを1安打無失点に抑え、観客の目を釘付けにした。また、自己最速にあと1キロと迫る151キロの直球を連発。視察に来ていた各球団スカウトから絶賛の声が相次いだそうだ。

更なる成長に期待

魅力としてはやはり150km/hを超える直球、そして鋭い落ちを見せるカット系のボール。人によってはスライダーと言うかもしれない。それを生み出す綺麗な投球フォームこそ今井が持っている最大の武器だろう。

自然な体重移動から球持ちが良く前で放たれるボールは球速以上のキレを生み打者を苦しめる。180cm72kgと細身だが将来は西武岸やオリックス金子といった細身でありながらプロの世界でエースを張る投手になってほしい。むしろ細身で手足がスラっと長い体型は投手向きでもあるので今井達也には近い将来どこかの球団で開幕投手を務めてほしい。

Facebook Comments

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] るため、九鬼選手の強肩はすでにプロレベルであるということ。U-18の試合でhttp://niire210.xsrv.jp/koushien/imaitatuya/作新学院今井の球を受けている時にミットが少し下がっていると感じたので […]