夏の甲子園の各座席の値段を紹介。外野席は無料ですが有料でオススメのエリアもご紹介!

座席v

今日は張り切って高校野球の観戦に行こう!いや待てよ、座席っていくらお金かかるの?席によって値段違うのか?と思われた方ご安心下さい!各席の値段そしてせっかくお金出すならこのエリアオススメですよ!を合わせてご紹介致します。

 

外野席は無料。内野席エリア毎の価格

地元の方なら当たり前の認識ですが、外野席は全席無料開放です。小学生の頃は水筒持って甲子園に行って観戦するのも定番の遊びだった記憶があります。高校生にはちょっとしたデートにも最適ですね。話が逸れましたが以下がエリア別の値段です。

 

http://www.jhbf.or.jp/sensyuken/2012/ticket/img/map.gif

 

当日券販売開始時間  朝6時半

中央特別自由席  一般2,000円 子供2,000円

1塁特別自由席  一般1,500円 子供600円

3塁特別自由席  一般1,500円 子供600円

1塁アルプス席   一般、子供600円

3塁アルプス席   一般、子供600円

(子供は小学生以下、3歳以下は全席無料)

 

上記は当日券の価格です。前売り券は1塁特別自由席3塁特別自由席のみローソンチケットとチケットピアで購入可能です。よっぽどの試合でない限り当日券で入場できます。当日券は朝6時半販売開始ですので絶対見たい試合があれば並んででも購入したいですね。

ちなみに去年の夏、清宮フィーバーで早実の初戦が日曜日の第二試合目だったのですが、超満員で入れませんでした。清宮人気恐るべしと思いましたね。

 

 

一人で見る派・友と見る派・家族で見る派 タイプ別オススメ席

・一人で見る派のあなた!   本気ですね?じゃあ迷わずバックネット裏でしょ。投手の球の勢いやスイング音が聞こえて最高の臨場感です。監督のサインのクセまで見抜ければ言うこと無しでしょう。

 

・友と見る派のあなた!     アルプス席がオススメです。アルプス席というのは応援団やOB・OGが大半です。なのでただの野球観戦組は場違いかと思いきやそんなことはありません。自分の高校側の応援席にいる人はみんな仲間です。チームのうちわをくれたり、イニング間にお茶の差し入れをもらったりして自然と一緒に応援したくなります。一体感があり勝った瞬間は最高の盛り上がりを見せる&最後に選手が挨拶の来るのも楽しめます。600円と価格がリーズナブルなのもGOOD。

 

・家族で見る派のあなた!   ずばり外野席です。大人と子供に唯一価格差がある特別指定席も良いのですが、子供がいると観戦よりお出かけの意味合いが強いと思います。子供はフランクフルトとか焼きそば大好きですよね。浮かした座席料でバンバン食べさせてあげて下さい。子供の目に何を映してあげるかが親の責務ですから一度は高校野球の甲子園に連れていってあげて下さい。

 

 

最後に

甲子園に行く時は阪神電車をご利用下さい。甲子園駅から徒歩2分くらいの場所なのですぐです。

しかし、どうしても車で行ってそのままどっか寄って帰りたいという方いてると思います。ららぽーと側にパーキングが結構あります。すぐ満車になるのですが、タイミング次第では割と止められます。お買い物する前提であればららぽー建物の南に大きなららぽーとご利用客専用駐車場があるので利用してみてもいいかもしれませんね。

Facebook Comments

Be the first to comment on "夏の甲子園の各座席の値段を紹介。外野席は無料ですが有料でオススメのエリアもご紹介!"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*