2017年シーズンオリックス・バファローズ(選手・監督・コーチ一覧)

o080006001294820849230

昨季は投打とも低調で史上初の屈辱。吉田正尚らの頑張りで再開脱出を目指す。

2016年データ
成績:57勝83敗3分(6位)
得点:499(6位)
失点:635(5位)
得失点差:-136(6位)
1点差:22-24
ホーム:30-40-2
ロード:27-43-1
交流戦:5-13
観客動員:1,794,475(8位)

昨年は一度も勝率5割に達することなく4年ぶりの最下位に沈んだ。打線が開幕13試合連続本塁打なしのプロ野球記録を樹立したかと思えば、投手陣は5月24日のソフトバンク戦で22失点と投打とも低調で、外国人選手も軒並み期待を裏切った。オフには糸井嘉男が阪神へFA移籍。攻撃面に与える影響は計り知れず、今季も厳しい戦いが予想される。

打線で鍵を握るのは、2年目を迎える吉田正尚。8月以降だけで10本塁打を放った吉田正がシーズンを通して活躍し、T-岡田と並ぶ打線の中心となれば、リーグワーストの得点力は間違いなく向上するはずだ。また、四球数リーグ最少と打線全体が淡白で粘りに欠けていた点も改善したい。投手陣では、金子と西に開幕から本来の投球を披露してもらいたいところ。昨季は2人のシーズン序盤の不振がチーム全体に影響した。即戦力ルーキーの呼び声高い山岡や黒きにかかる期待も大きい。

オープン戦、交流戦、ペナントレース、ファームすべて最下位という史上初の屈辱に、監督はもちろん選手たちも期するものがあるはず。若い力の台頭で、2年連続最下位だけはなんとしても避けたいところだ。

2017年 オリックス・バファローズ シーズンメンバー一覧

※赤字は新加入選手、緑字はドラフト新人

監督

福良淳一

コーチ

西村徳文 星野伸之 平井正史 高橋光信
下山真二 風岡尚幸 中村一生 鈴木郁洋
別府修作 田口壮 佐竹学 小林宏
小松聖 辻龍太郎 勝呂壽統 早川大輔
前田大輔 弓岡敬二郎 酒井勉 三輪隆

投手

松葉貴大 吉田一将 佐藤達也 平野佳寿
山崎福也 金子千尋 西勇輝 東明大貴
塚原頌平 ディクソン 海田智行 山田修義
岸田護 近藤大亮 コーク 青山大紀
ウエスト 比嘉幹貴 高木伴 ヘルメン
齋藤綱記 金田和之 赤間謙 佐野皓大
八木亮祐 吉田凌 佐藤世那 鈴木優
大山暁史 塚田貴之 角屋龍太 戸田亮
山岡泰輔 黒木優太 山本由伸 小林慶祐
山崎颯一郎 澤田圭佑 根本薫 榊原翼
神戸文也

野手

伊藤光 若月健矢 中島宏之 安達了一
モレル 西野真弘 大城滉二 小谷野栄一
小島脩平 駿太 吉田正尚 T-岡田
伏見寅威 山崎勝己 赤松幸輔 宗佑磨
岩崎恭平 縞田拓弥 鈴木昴平 園部聡
奥浪鏡 ジョージ ロメロ 宮崎祐樹
川端崇義 小田裕也 吉田雄人 武田健吾
杉本裕太郎 岡崎大輔 飯田大祐 張 奕
坂本一将 中道勝士

チームデータ

創立:1936年1月23日
■オーナー:宮内義彦
■球団社長:西名弘明
■本拠地:京セラドーム大阪(36,146人)
■事務所:大阪府大阪市西区千代崎3-北2-30
■合宿所:大阪府大阪市此花区北港緑地2-2-65
■ファーム練習場:舞洲サブ球場
■リーグ優勝:12回(1967、1968、1969、1971、1972、1975、1976、1977、1978、1984、1995、1996)
■日本一:4回(1975、1976、1977、1996)
■過去5年の成績
【2012】57勝77敗10分 .425(6位)
【2013】66勝73敗5分 .475(5位)
【2014】80勝62敗2分 .563(2位)
【2015】61勝80敗2分 .433(5位)
【2016】57勝83敗3分 .407(6位)
Facebook Comments

Be the first to comment on "2017年シーズンオリックス・バファローズ(選手・監督・コーチ一覧)"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*