中日ドラゴンズ5位指名の藤嶋健人の魅力とは?

13
出身地 愛知県豊橋市
生年月日 1998年5月8日(18歳)
身長:176[1] cm
体重:80[1] kg
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2016年 ドラフト5位
年俸 540万円(2017年)
出身校:東邦高校

暗黒時代に入ってしまった中日が地元の甲子園スターを5位指名。高校通算49本塁打の強打も魅力の右腕は、持ち前のガッツに加え、クレバーな投球を手に入れた。

最速146キロの伸びのあるストレートにナックルカーブ、スライダーなどを交え、3年春はクレバーに、3年夏は雄叫びを上げながら甲子園で力投。1年夏から大舞台を経験し、その後も県内トップの座から譲らなかったハートの強さもプロ向きだ。一方で、力強くたまをとらえ高校通算49弾をマークした強打を推す声も依然根強い。

1年夏の愛知大会では、その年のセンバツ4強の豊川との一戦を任され見事に勝利。
決勝でも序盤から140キロを出し、球の威力で詰まらせた。「終盤になり体がキレが出て、カーブもキレてきた。」と、1年生とは思えぬ堂々としたマウンドさばきで完投。甲子園でも白星を掴み、たちまち全国区となった。

その後も2度目、3度目の甲子園出場を果たす。

3年春のセンバツでは、モデルチェンジをして登場した。「ただがむしゃらに投げているだけだった」1年夏に比べ、投球がクレバーになった。ナックルカーブやスライダー、カットボールなど緩急も自在に駆使。冬からブルペンで外角低めに徹底して投げ込み、制球力も上がった。初陣の関東一戦では、9回途中まで被安打1の無失点、11奪三振でまとめている。

3年夏も、やはり藤嶋健人が戦国愛知を制した。大会終盤に右肘に披露が出たが、それでもコースに投げ分ける投球で勝ち抜き、準決勝までは無失点で通した。決勝では、愛工大名電がお家芸バント戦法を仕掛けてきた。7回までに計28打席回ったうち、打者がその打席の中で1球以上バント関連の仕草をしたのが23打席を数えた。敵将の策士・倉野監督は「バントでナックルカーブやストレートの球筋を見る。それが中盤や後半にヒットを生むはず」と後半勝負に賭け、7回表には無死満塁の好機も作ったが、そこから3者連続で倒れ、試合を通じては結局2得点のみとなった。

甲子園では肘の状態が悪く、背番号1の身としては不本意に終わったが、その分4番打者として大爆発。初戦の北陸戦では、単打が出ればサイクル安打達成となる打席で2塁打を放ち、サイクル超えを披露。また2回戦の八戸学院光星戦では、チームが7点差を大逆転。9回裏には東邦アルプスのみならず、球場のいたるところのファンがタオルを回す応援スタイルで、窮地に立たされたナインを後押しした。

1年夏の鮮烈デビュー後も常に進化を続けてきたのは、本人の向上心はもちろん、OBの木下達生コーチの存在も大きい。「昭和の投手のよう」(木村コーチ)だったが、改良を施し球の角度や制球力が良化。より投手らしくなった。

総合力が高く、先発でも中継ぎでも試合を崩さない。大谷智久(ロッテ)のように実践的な投手になることが期待されます。ナックルカーブは面白い特殊球だが、ストレートも含めて個々の球種がプロでどこまで武器になるかは微妙だが、総合力で段階的にのし上がる。カットボール系も使ってバットの芯を外し、打者を料理する実践力を武器にしてほしい。

Facebook Comments

Be the first to comment on "中日ドラゴンズ5位指名の藤嶋健人の魅力とは?"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*