鳥谷敬はリーグ最高年俸の「不良債権」となってしまうのか

スポンサーリンク
4b15affccb4ef4f689ef5f77197c51a3_s

「3番ショート」と聞くと、ほとんどの阪神ファンは鳥谷敬の名前を思い浮かべることと思います。
ベストナイン6回、ゴールデングラグ4回というスーパースターですが、彼は今苦境に立たされています。

鳥谷は年俸4億円の5年契約という長期契約を交わしています。
2016年シーズンの成績はというと、プロ入りワーストとなる打率2割3分6厘と、数字を見れば大不振といっていいでしょう。

さらに北條史也が頭角を現したこともありスタメン落ちも経験してしまいました。

スポンサーリンク

来季年俸4億円

過去ワーストの成績を収めながらも来季年俸も4億円という数字に驚いたファンも多かったようです。

タイガースでは一時期スタメンで生え抜きが鳥谷だけ、という時期も続きました。
阪神ファンにとっては鳥谷だけが希望という時期もありました。
しかし今季は高山、北條、原口ら生え抜きが躍動、まさに超変革のシーズンでその鳥谷が苦境に追いやられています。。

長く阪神のショートを支え、堅実な守備と安定感のある打撃でチームを引っ張った鳥谷が不良債権と呼ばれるのには待ったをかけたいところでしょう。

鳥谷は2016年の契約更改でこう語りました。
「もう一度レギュラーを取れるように、頑張る」と。

かつて不良債権と呼ばれた城島健司は 捕手というポジションを続けられなくなり、1年残った契約を破棄して引退しました。

鳥谷に求められるのは減俸を申し出ることでも引退することでもなく 4億という年俸に見合うだけの成績を残すことです。

年間成績を見れば大不信ですが、ピンポイントで試合を振り返れば、良い場面も何度もありました。(最悪な場面も結構有りましたが。。。)w
本人から頑張るという言葉を聞いたのでファンは来季以降も応援するしかないですよね!!

(naoking)

Facebook Comments

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしてね

スポンサーリンク