なぜソフトバンク森福は巨人に移籍したのか?

798ea8511934a6e55b93200cdadb0fec_s

ソフトバンクの森福允彦投手がFA宣言の末にジャイアンツに移籍をしました。

先日同じくFA宣言をしてベイスターズから移籍をした山口俊投手と共にジャイアンツへの入団会見を行い移籍表明の時の涙を流しながらの姿はなく満面の笑みでジャイアンツのユニフォームに袖を通していました。

森福投手はFA宣言をした直後にホークスでの起用法に不満があったことを宣言の理由にあげていました。これは工藤監督への不信任でもありました。

工藤監督就任以後森福投手の使われ方は1イニングを投げる役割から左打者へのワンポイント起用となりました。

その中で2015年シーズンは成績が悪くなり日本シリーズではベンチ入りすら無く日本一になったソフトバンクはシリーズで登板したピッチャー全員が右投手という珍しい結果となりました。

この年、年俸を下げられた森福投手は今シーズン成績は復調したもののワンポイント起用は代わりませんでした。

そしてFA宣言へと繋がっていきました。工藤監督には「強いチームは投手力」との持論があります。

工藤監督とホークスフロントの共通認識

それは「球威と本格派重視」という事です。

そうなると変則フォームから球威よりボールの切れで勝負するタイプの森福投手の立場は相対的に低くなりました。

結果的にホークスからしたら流出に加えて年俸がCランクのため人的補償すらない事態となりました。

さてセリーグに移った森福投手。果たして森福投手はジャイアンツからの口説き文句通り自らが望むセットアッパーで起用されるのでしょうか?

その道は険しいのではないでしょうか?

確かにジャイアンツの左の中継ぎ陣は山口投手に金属疲労が感じられ戸根投手にそこまでの信頼感がないのならセットアッパーじゃないか?

と考えられるでしょう。

しかし近年の森福投手は数年前に比べ痛打を浴びるシーンが目立っていました。

更に左の巧打者例えば日ハムの西川選手や西武の秋山選手との相性が悪いのです。

逆に強打者には相性がよいのです。

パリーグより強打者が少ないと言えるセリーグで果たして森福投手が上手くやっていけるのか正直疑問符をつけざるをえません。

またホークスファンの中にも他に左投手がいないから仕方なく森福という声もあります。

ただジャイアンツの左の中継ぎ陣には良きお手本となるでしょう。

2017年のジャイアンツは森福投手にも注目ですが、森福投手加入に刺激を受けた若手の左ピッチャーに注目するのも良いかもしれません

Facebook Comments