新生中日ドラゴンズ開幕3連敗、今年も……..。

PGqlWQ2k

昨シーズン屈辱の最下位となり、森繁和新監督の下、今シーズンに雪辱を期している中日ドラゴンズ。
ビシエドに続き、キューバ出身のゲレーロを獲得し、ドラフトでは1巡目で投手の柳(明治大)、2巡目で内野手の京田(日大)を獲得しました。

数年前までは投手を中心にした守備力で好成績を収めていた中日。
まずは投手陣の再建が急務です。

開幕シリーズは巨人との3連戦。
今シーズンの中日の実力を測るには格好の相手です。

開幕戦は、エース大野が先発。
ルーキーの京田が7番ショートで開幕の座を掴みました。
レフトには内野からコンバートした遠藤が入り6番、ゲレーロは3番サードに入りました。

1回裏に大野が巨人阿部に先制2ランを打たれ、3回裏にも阿部、マギーに連続タイムリーを打たれ合わせて4失点。
5回表に味方が2点返すも、その裏坂本に2ランを打たれて差は詰まらず。

その後は巨人先発のマイコラス、リリーフしたマシソン、カミネロから点を奪えず、そのまま2-6で敗れ開幕戦を落としました。

エース大野が先に失点を許し、失点を重ねたことでチームの士気が上がらなかったことは確かです。
投手陣再建を図っているときにエースらしくないピッチングは、中日にとって痛いものでした。

第2戦は、バルデスが先発。
巨人の先発が左腕田口ということで、6番レフトは藤井、7番ショートは堂上で臨みました。

3回表にバルデスが自らソロホームラン、4回表に堂上がタイムリーツーベースで合わせて2点上げ、この日は中日ペースで進みます。
7回裏に1点許しますが、同点は許さず、最終回へ。

マウンドに上がったのはクローザーの田島。
巨人は代打攻勢をかけます。
代打の1番手亀井は三振に切って取りましたが、2番手村田にヒットを許してしまいます。
続く立岡を打ち取りますが、坂本をフォアボールで出してしまい、2死1・2塁で阿部を迎えます。

カウント1-1から阿部の打球はレフトスタンドへ。
2-4、中日にとってはあと1アウトというところでの悪夢のようなサヨナラホームランでした。

2点にとどまった打線に物足りなさを感じはしますが、リードしていた状況からの逆転サヨナラ負けですから、投手陣の頼りのなさの方が際立ちます。

第3戦は、ベテラン吉見で今季初勝利を狙います。
前の日に続いて中日が先制、ビシエドのタイムリーツーベースで1点。
4回表には新加入ゲレーロのソロホームランで1点追加してペースを握るかに思えました。

しかしその直後の4回裏、吉見が3連打されて1点、内野ゴロの間に1点取られ、あっという間に同点。
更に6回裏またもや3連打で1点、その後タイムリー、スクイズでこの回4点失います。

7回表に平田のソロホームランが出ますが、単発止まりでした。
その後、森福、マシソン、カミネロに抑えられて3-6で敗戦。
開幕シリーズで1勝もできずに3連敗です。

4回、6回に連打を許した吉見が全て。
全盛時の吉見は、ランナーを出しても得点は許さないピッチャーでしたが、この日の吉見にはその面影はありませんでした。

複数得点できない打線にもやはり物足りなさはあります。

この3試合で、7安打2得点、8安打2得点、8安打3得点と打線の繋がりのなさが目立ち、昨シーズンの課題が克服されていません。
初戦は先発が、2戦目はクローザーが、3戦目は先発が打たれて投手陣の再建も兆しが見えません。
このままでは昨シーズンの二の舞を踏んでしまうことになりそうな気配です。

強いて良い点を挙げるとすれば、ルーキーの京田が出場した2試合でそれぞれヒットを放ったことぐらいです。
チームの勢いをつけるには、若い力の台頭が必要かもしれません。

4月4日からはナゴヤドームでホーム開幕シリーズ。
まずは1勝して流れをかえたいところです。
初戦の先発は若松、大きな役割を担うことになりました。

Facebook Comments

Be the first to comment on "新生中日ドラゴンズ開幕3連敗、今年も……..。"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*