阪神タイガース2016年ドラフト結果!小野を獲ったのは来季の楽しみ増えたぜ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
2%e9%98%aa%e7%a5%9e

昨日行われたドラフト会議2016で阪神タイガースは戦前の予想とは違うサプライズ指名で白鴎大の大山悠輔を1位指名しました。そして2位には富士大学の小野泰己を指名。

 

補強ポイントである強打のサードと先発もしくはロングリリーフを指名できたということでいいドラフトになったのではないでしょうか。何故佐々木千隼にいかなかったのかと疑問が早速ネットを賑わしていますが各指名選手と阪神の狙いを書いていきましょう!

スポンサーリンク

【各指名選手】

1位 大山悠輔 白鴎大   内野手

2位 小野泰己 富士大学  投手

3位 才木浩人 須磨翔風  投手

4位 濱地真澄 福岡大大濠 投手

5位 糸原健斗 JX-ENEOS    内野手

6位 福永春吾 徳島インディゴソックス 投手

7位 長坂拳弥 東北福祉大 捕手

8位 藤谷洸介 パナソニック 投手

投手5人内野手2人捕手1人とバランスとしては特に偏りもなく普通でしょうか。早くから佐々木千隼1位指名が噂になってたのでファンの方また他球団も当然阪神は佐々木だ!と思い込んでいた部分はあったと思います。私も佐々木指名を楽しみにしていたし阪神に入れば1年目から先発ローテで必殺シンカーが見れるとワクワクしておりました。

しかし蓋を開けるとまさかの大山悠輔!これには会場もざわつくサプライズ。何故大山を指名したのか阪神のサイドの狙いを考えていきます。

近年サードが固定できいない

佐々木のような良い投手はどこの球団も欲しいです。しかし阪神にはそれより大きな課題として強打のサードが欲しいのです。昨年ヘイグが期待通りの活躍ができず終盤は鳥谷を使ったりしてました。仮にヘイグに来季活躍の目途が立っていれば佐々木を指名したと思います。大山は2位でも獲れたんじゃないか?と思われるかもしれませんが、オリックスが2位で大山を指名をするとの情報をキャッチしていたので確実に1位で獲りに行ったわけです。

オリックスの嘘情報にまんまと騙されたという可能性もありますが真相は不明です。なにはともあれ大山の活躍に期待しましょう!

「大山悠輔」の画像検索結果

投手は高校・大学・社会人とまんべんなく

今年は過去のドラ1投手を数人解雇にしています。ドラ1と言えども戦力にならなければプロの世界ですので解雇は当然です。そんな中大学組からは小野泰己と長坂拳弥を指名。特に小野泰己は私の今年一押し投手!

「小野泰己」の画像検索結果

西武の岸の投げ方が好きだ!!いきなり話が飛びましたが、私は岸のフォームや直球が好きです。そして小野には近いものを感じます。しなやかな腕の振りそして伸びる直球。3年以内の大活躍を期待します!

そして高校からは才木浩人と濱地真澄を指名。才木は兵庫、濱地は福岡では名が通っている好投手。素材の良さもあって将来が楽しみ!

社会人からは福永春吾と藤谷洸介。どちらも1年目から勝負できる投手で将来性というよりは即中継ぎなんかでの活躍に期待。

外野手指名が0人。FAを視野に?

今年は外野手が指名0人です。ここ最近では高山と板山に江越と期待感のある選手を指名していたので0人は納得です。しかし福留の年齢や高山の守備力そしてセンターが固定できていないと不安だらけ。つまりFA狙いでしょ。

糸井・平田・大島 この3人がFAを行使する可能性があり正直誰でもいいです!誰でもいいから一人獲れたら来季戦えます!この3人なら全員守備攻撃共に阪神に必要。

【最後に】

阪神の補強ポイントもあって大山を1位指名。大山の動画を見ると体が大きいのに柔らかさがあるバッティングをします。なんとなくイデホのような感じ。イデホのように打ってくれれば万々歳なのですがドラフトの結果は来年では無く5年後に出るものと思いますので成長を楽しみにしましょう!

Facebook Comments

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする