U-23日本代表「植田海」こやつがポスト鳥谷だよ!日本航空退学→近江の経歴!

%e6%a4%8d%e7%94%b0

年中メディアが取り上げる球団タイガース。そして今旬なのが望月投手と今回紹介植田海内野手。

阪神の遊撃手と言えば、鳥谷に代わり北條史也が遂に台頭してきたところ。しかし、俊足と高い守備力を武器にファームで遊撃手のレギュラー格、さらに今年1軍デビューを果たすとフェニックス・リーグでも現在活躍中と、メキメキ実力を伸ばしている選手がいることをご存知でしょうか。その選手の名は植田海、まだ高卒2年目ながら次代のレギュラー遊撃手と目される彼について紹介します。

【簡単なプロフィール】

名前:植田 海

出身:滋賀県甲賀市

生年月日:1996年4月19日生まれ(20歳)

身長体重:175cm70kg

守備位置:内野手(右投げ両打ち)

出身校:近江

「植田海」の画像検索結果

経歴(プロ入り前)

小学校から野球を始めると、中学時は湖南ビッグボーイズに所属。この頃から遊撃手に専念し、高校は山梨県の強豪・日本航空へ進学するも1年時に自主退学。

その後、地元に戻り近郊の名門・近江高へ転校。高野連の規定により、2年時はいずれの公式戦にも出場することはありませんでしたが、既に高い能力は示していたようで3年春からはレギュラーとして活躍。

最初で最後の夏の大会は3番遊撃手として攻守にチームを牽引し、近江高の6年ぶりの甲子園出場に貢献。甲子園では初戦の鳴門戦で4打数3安打2盗塁の活躍。次戦の聖光学院戦でも1安打ながら犠牲フライに盗塁と見せ場を作り、一番のウリである遊撃守備でもスカウト・野球ファンを唸らせました。

同年秋のドラフト会議で阪神が5位指名、憧れの鳥谷敬と同じ球団でプロの世界に挑戦することとなりました。

 【経歴(プロ入り後)】

1年目から持ち前の走塁と守備力を高く評価されたものの、6月から古傷の腰痛に悩まされたこともあり、ファーム公式戦の出場は51試合に留まりました。

2年目は本格的にスイッチヒッターに挑戦。ファーム公式戦の打率こそ.168に留まったものの、徐々に左打席でも遜色ない打撃になっていきました。また、2軍では遊撃手としてチーム内で最多出場、走っても失敗無しの12盗塁をマーク。その足を買われて9月末には初の出場選手登録。10月頭の巨人戦で代走として1軍デビューを果たすも、盗塁失敗に終わり悔しい初出場となりました。ペナント終了後はフェニックス・リーグに参加。2番遊撃手として全試合に出場し、17日現在で.429と高打率をマークしています。

10月下旬にはWBSC U-23ワールドカップの日本代表チームでプレーする予定で、とことん充実した1年となりそうです。

【特徴や魅力】

何度も繰り返しになってしまいますが、走塁と守備に関しては非常に高い評価を受けています。50m6秒を切る俊足で積極的にスタートが切れるということで、金本監督が求めている「走れる選手」と言えます。また、遊撃手としての守備は足の速さを活かしたカバー範囲の広さに加え、捕ってからの速さも光ります。新人合同自主トレの際には当時の中村勝広GMが現・コーチの久慈照嘉のようだと評したそうです。その久慈コーチは「松井稼頭央(現・楽天)のように…」と話していましたが、いずれにせよ非凡なものを持っているといえます。

課題は打撃ですが、足を更に活かす意味合いもありプロで両打ちに挑戦。今年からの本格挑戦ということで時間がかかるかと思われましたが、ここに来て好結果を出し始めており、この調子で行けば来年の1軍キャンプも見えてきそうです。

【まとめと将来への期待】

北條が中心となるとみられるレギュラー遊撃手のポジション争い。しかし、守備力で勝る植田が打撃でも急成長を見せれば、早々にレギュラー獲得も夢ではありません。ポスト鳥谷で頭を悩ませていたのが一転、ここに来て若手による良い競争となっているのはチームとしても嬉しい誤算でしょう。

阪神の「超変革」を先頭で走る、そんな期待も抱いてしまう彼の今後の活躍には要注目です!!

Facebook Comments

Be the first to comment on "U-23日本代表「植田海」こやつがポスト鳥谷だよ!日本航空退学→近江の経歴!"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*