楽天今江敏晃→年昌に登録名変更に見る過去の変更パターン!今岡もしれっと改名。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
%e5%90%8d%e3%81%be%e3%81%88

楽天イーグルス今江敏晃選手が登録名を来季から今江年昌に変更します。

いやなんで?

と思ってしまいますがイチローや鉄平や雄平みたいに下の名前を登録名にするパターンとはまた違いますよね。

そこで今回は過去に漢字を変更したパターンと変更の狙いを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

【実は結構ある登録名変更】

矢野輝弘→矢野燿大

すぐパッと思いつく選手と言えば私は元阪神タイガースの矢野捕手でした。これは漢字変更のよくあるパターンですね。

この変更は引退間近での変更だったと記憶してますが、本名の輝弘からの変更は大きな決断だったのではないでしょうか。(登録名の変更ですので芸名みたいな感覚なのかもしれません)

変更理由はケガで不甲斐ないシーズンを送りオフに心機一転で変更したとのこと。

(今岡誠も今岡真訪にしれっと改名してます)

岡田貴弘→T-岡田

Tで伝わるほど定着した登録名ですね。こちらはローマ字を混ぜる特殊パターンです。

T-岡田の豪快なバッティングから恐竜のT-REXと下の名前の貴弘のTから命名されたとのこと。

あのカブレラが岡田の打撃を見て驚いたくらいですからT-REXと例えるのも納得ですね。

松井のゴジラみたいなもんですね。

濱中治→濱中おさむ

元阪神の中~長距離打者。競馬でいうと2000Mが適正距離といった感じでしょうか。

これは漢字から平仮名に変更というパターン。

平仮名のおさむが可愛らしくより愛される選手になりました。

高井雄平→雄平

東北のドクターK高井雄平のイメージが当時はありましたが、現在はすっかり左の強打者。

これは下の名前に変更というポピュラーなパターン。

中日の川井進→川井雄太→雄太のこのパターンですね。

【変更の狙い】

変更の狙いはやはり上記にも書きましたが心機一転が一番ではないでしょうか?

殻を破れない、ケガで悩んでいる。こういった理由から気分を換えてNew自分として新シーズンに臨むという狙い。

しかしファンにとっても選手名というのは愛着があるもの。今回の今江という選手は既に一流です。楽天に移籍してから思うような成績が残せていないものの、更なる飛躍を目指す中で名前変更という選択はどうなのでしょうか。

PL学園で修羅のような3年を乗り切ってプロでも成功したといえる選手。来季は登録名変更が霞むほどの活躍を期待したいです。

圧倒的余談ですが、今江が高校3年時の1年生だった方が書かれている漫画「バトルスタディーズ」というPL学園野球部の実話漫画があるのですが、読まれている方面白いのか教えて下さい。

Facebook Comments

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする