陽岱鋼加入で予想されるジャイアンツの外野布陣

スポンサーリンク
ec401ae812f0c7fdf43f66ebfc09ece7_s

A宣言したファイターズの陽選手の行先がどうやらジャイアンツになりそうな感じです。

今年のFA戦線ではDeNAから山口投手を、ソフトバンクからは森福投手を、そして締めくくりに陽選手とジャイアンツのなりふり構わぬ補強が進んでいます。

FA選手以外にもトレードでファイターズから吉川投手を獲得し、楽天で活躍した外国人選手マギーも獲得と、かなりの覇権奪回への本気度がうかがえます。

スポンサーリンク

ジャイアンツの外野はどうなる?

さて、陽選手を獲得するとなった場合、ジャイアンツの外野陣はどういった陣容になるのでしょうか?

トレードにより太田選手がファイターズに移籍しましたが、外野陣はかなりの選手が候補として挙がってきます。

まず、ライト長野はこれまでの成績からも当確でしょう。

センターは陽を獲得したという事は陽で当面は確定と思われます。

そうなると残りはレフト。

ギャレット、亀井、松本、立岡、橋本、重信と候補は多く存在していますがどの選手もこれといった決め手に欠けるというか、そこまで信頼を勝ち取っている選手はいません。

順当であれば打力を買ってギャレットといったところでしょうか。

当面ギャレットを起用して、成績次第では亀井、立岡あたりを併用していくというのが順当なところではないでしょうか。

近年、立岡、橋本あたりがコンスタントに成績を残してこれていれば、今回の陽選手の獲得への動きもなかったのではないかと思いますが、若手が伸び悩んでいるのが残念でなりません。

個人的には重信あたりを我慢して使ってかないと数年後にさらに大変なことになるのではと思うのですが、日本一を常に要求されるジャイアンツにおいてはなかなかそれも難しいのかもしれません。

ここ数年、ジャイアンツの外野陣は他の球団にくらべても若手が起用されてきたのではないかと思いますが、起用されていはいるものの、活躍を継続することができた若手が出てきませんでした。

少し活躍してしばらく先発し、その後調子を落とすと別の選手が代わりに出てくるということを繰り返していたように思います。

投手陣がかなりFAなどにより充実してきているので、それに比して野手陣が手薄になっている印象がぬぐえません。

今シーズン坂本選手が首位打者をとり、一皮むけた印象がありますので、この坂本選手を核として、数年続いている貧打線を解消してほしいものです。

陽選手を何番で起用するかも高橋監督の腕の見せ所でもありますが、マギー選手、ギャレット選手がうまく機能してくればかなり破壊力がある打線になるのではないかと思います。

これだけ戦力を補強したことで今年は静かだった高橋監督の手腕についても問われるシーズンになってくるのではないでしょうか。

Facebook Comments

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしてね

スポンサーリンク