西武新監督は元ヤクルト宮本慎也で決定か!?後半立て直してきているチームの来季を日本代表キャプテン経験のある宮本に託す!

スポンサーリンク
%e5%ae%ae%e6%9c%ac

この時期になると早くも来季の監督やコーチ、戦力補強などの話題が出てくるプロ野球ニュース。そして今季低迷している西武の次期監督が元ヤクルト宮本慎也でほぼ決定とのニュースが飛び込んできた。なで宮本なのかそしていきなりコーチ経験無しで監督で大丈夫なのか?私なりの解説をさせて頂きます。

スポンサーリンク

なぜ宮本に白羽の矢が立った?

最初に候補としてニュースになったのは秋山幸二であった。ダイエーを優勝に導いて勇退した姿は記憶に新しいところだ。その秋山は西武出身でもあり知名度・人気共に抜群の人物。最近の監督選びの傾向として監督で客を呼べる人選が目立つように思う。金本や高橋なんかはその例とも言える。

秋山は現在日本代表の監督も務めており、オファーを出したところで西武の監督と兼任するはずが無いのでこの報道は真実に遠いよくあるガセネタだったというわけだ。と同時に水面下では宮本慎也にアプローチしていたのだが、何故西武が宮本?繋がりあるの?と多くの方が感じたと思う。こじつけ程度ではあるが、宮本は社会人時代プリンスホテルでプレーしている。このプリンスホテルは西武石毛の出身でもありなにより西武グループの会社である。これが唯一の繋がりなので他の理由が割合を占めているのだろうと自分で書いていて思う。

コーチや二軍監督からスタートするのが一般的

従来の監督起用としてコーチや二軍監督から始めて、経験を積んで一軍監督というパターンが多かった。いきなり監督をして結果を出すのは難しいという常識があったが、最近では日ハム栗山監督やSB工藤監督などいきなり結果を残す人も現れている。このことからも監督というポジションは経験も大切であるが、本人の戦略性、コーチ陣との連携や野球観がしっかりしていれば結果を残せると証明されている。

栗山・工藤両氏に共通するのがご存知の通り、報道ステーションでキャスターとしてプロ野球を外から見ているという点である。

分かりやすい解説が印象的で、今監督としてパ・リーグの熾烈な優勝争いを演じている手腕も納得である。そうであるならば稲葉にオファーを出している球団があっても不思議ではない。これからそういった報道が出てくるかもしれないが稲葉は今の仕事が凄く楽しそうだから監督はまだ先かもしれない。

少し話は逸れたが、宮本が監督として成功するかどうかは宮本自身の野球観次第と言える。

宮本監督の可能性

私は宮本慎也というプレイヤーは凄く好きで、守備はもちろんしぶといバッティングに何度も惹きつけられた。キャッチボールをとても大切にしていたことも有名で、坂本勇人に守備指導して守備力UPに力を貸した実績もある。

そして宮本は代表でのキャプテン経験もあり統率力も問題無さそうだ。西武は打撃のチームのイメージだが、岸・菊池・高橋・多和田・誠といった期待したくてたまらない魅力たっぷりの投手をたくさん抱えている。来年いきなり投手王国になってもおかしくない。

宮本が誰を投手コーチにするかでペナントの結果が決まるのではないだろうか。現在の潮崎コーチが機能しているように見えないので最後に少し毒を吐いてこの記事はおわりとする。

「宮本慎也」の画像検索結果

Facebook Comments

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしてね

スポンサーリンク