2016年ドラフト候補長井良太!つくば秀英のエースがプロ志望提出へ!彼の魅力やルーツに迫ります!

%e9%95%b7%e4%ba%95

※広島カープに6位指名されました!

2016年ドラフト候補長井良太!茨城県つくば秀英高校のエースであり、全国的に知名度は高くないもののスカウトからは一定の評価を得ており将来性に期待されている。捕手からの投手転向などルーツに迫ります。

簡単なプロフィール

長井 良太

兵庫県神戸市出身

1999年1月15日(17歳)

183cm81kg

投手(右投右打)

「つくば 長井」の画像検索結果

【経歴】

野球を始めたのは小学生の頃。長田南小学校に通っており軟式野球をやっていた。

その後長田中学校へ進学、軟式野球部で捕手としてプレーしていた。

高校は茨城県にあるつくば秀英高校に進学する。長田中学と聞けば、2016年春初出場を果たした園田涼輔率いる長田高校への進学もあったのではないかと思う。とは言え長田高校は県内屈指の進学校であり入学は容易ではない。詳しい事情は分からないが、つくば秀英へ進学したことで大きな成長を遂げる。

1年時に捕手から投手へコンバートされた。元阪神の久保田やヤンキースの田中将大等捕手から投手に転向した選手がプロで活躍するのは珍しくはない。

そして2年の夏に県大会で起用される。2回戦の負けている途中であったが、5回1安打無失点の好リリーフを記録している。2年の秋にはエースナンバーを獲得。県西選抜大会の決勝では14Kで完封するなど頭角を現しだす。その2年秋の予選では最速149km/hを更新している。早い球団はこの時から既にマークを始めていたかもしれない。

最後の3年夏の県大会では常磐大に敗れ2回戦で敗退。この県大会では多くのスカウト陣がきており、「流れをもってくる選手だ」と注目を集めた。

【高校時代の活躍】

投手歴はわずか2年ということもあり、その活躍は高校2年間に凝縮されている。

高校2年の夏には経歴にもあるように、敗戦の中で活躍を残した。

3年の夏の県大会では初戦にチームはコールド勝ちを記録。4回1安打無失点で5奪三振という好発進であった。しかし2回戦では13奪三振を記録したものの延長の末に敗れてしまった。2-2の同点で延長に突入したが力尽きて敗退。この試合敗れはしたものの長井自信も選手も調子は良かったと答えている。

まだまだ投手歴2年というのもありマウンド裁きやマウンドでの雰囲気といった経験からくる部分が足りないのは事実。しかしこの点はプロで十分養っていける技術なので伸びしろとして大きな可能性を感じさせる。

【まとめ・そして期待】

捕手から転向してMAX149㌔投げれるだけで十分魅力的だ。投手歴が2年しかないのはむしろ大きなプラスポイント。育成能力や育成期間を考慮している球団からの指名が予想される。高卒入団であれば4年はじっくりトレーニング期間があるので慌てず大きく成長してほしい選手です。

Facebook Comments

Be the first to comment on "2016年ドラフト候補長井良太!つくば秀英のエースがプロ志望提出へ!彼の魅力やルーツに迫ります!"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*