祝!!DeNAベイスターズ初のCS出場達成!ラミレス監督が起こした大きな改革とは?

スポンサーリンク
%e6%a8%aa%e6%b5%9c

DeNAベイスターズがCS制度開始10年目にして遂に初出場を決めました!9月19日対広島に勝利し確定です!去年も前半戦は首位で折り返すなど着実に力をつけていました。そこに新たに迎え入れたラミレス新監督の手腕も相まって念願達成!ラミレスが実行した改革とは?

スポンサーリンク

捕手に戸柱を大抜擢

まずはこれが一番の改革ではないでしょうか。強いチームに名捕手ありと昔からよく言われています。ラミレスがこの言葉を知っているかはさて置き、捕手が重要であるというのは野球観の中に強くあるそうです。

戸柱という選手にまだ馴染みのない方も多いのではないでしょうか?そうこの戸柱今年ドラフト4位で入団した新人なんです。

左打ちで打撃力が魅力の選手なのですが、ラミレスが唱える内角多様主義を忠実に実践しオープン戦から高い評価で開幕一軍、そしてレギュラー捕手としてDeNAベイスターズをここまで引っ張ってきました。

もちろん筒香の本格化や前後の梶谷・ロペスの活躍は言うまでもありません。

山﨑・今永と確かなドラフト戦略

去年より前はラミレスとは関係ありませんがチーム力向上に欠かせないのがドラフト戦略。

よく新聞などで「即戦力」という言葉が踊りますが、そんな選手たくさんいてるわけありません。しっかり将来性や現状の能力を加味した上での指名が大切。でDeNAベイスターズはどうかというと

平成26 1位山﨑康晃 2位石田健太 3位倉本寿彦

平成27 1位今永昇太 2位熊原健人 4位戸柱恭孝

と直近2年で指名した選手が他球団と比較してかなり活躍しています。個人的に熊原には来年以降期待しています。

去年前半首位で折り返した実力に今永(8勝 9/19現在)・戸柱の若い力が加わってCS出場を手繰り寄せたと言っていいのではないでしょうか。当然来年以降も過去に指名した選手が出てくるだろうし、今年のドラフトでも好投手を指名するだろう。

1位は田中正義や佐々木千隼あたりだろう。気になるのは2順目以降。横浜・藤平尚真や東海大市原望洋・島孝明なんかも指名するか注目したい。少し先走ってしまったが確かなドラフト戦略が今年の躍進に繋がったと言える。

最後にCS突破の鍵

出るからには勝ち上がりを当然目指す。巨人とのカードが予想されるが、DeNAベイスターズが有利と見る。

理由として防御率1点台の菅野が初戦登板するだろう。DeNAは菅野をそこまで苦にしていないし8点取ってKOした試合もある。更に沢村が本調子には程遠く投手陣に不安がある。田口が投げてくる試合で勝ちを拾えるかが鍵となりそうだ。

マシンガン打線と言われた1998年以来の日本シリーズ出場を目指してラミレス率いるDeNAベイスターズがどんな試合を見せてくれるか非常に楽しみです。

「DeNAベイスター...」の画像検索結果

Facebook Comments

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしてね

スポンサーリンク