ストーブリーグでの人間模様~FA選手とプロテクト外選手たち~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
%e5%9b%b31

プロ野球のシーズンも終わり、各チームは来季に向けた練習やチーム体制の強化に向けた、ストーブリーグが盛んです。

今季はFA宣言した選手のうち、大きく注目されたのはオリックスの糸井選手です。

最終的には在阪球団の希望通りに阪神に移籍する形となりましたが、これから注目されるのは阪神からオリックスへの人的補償で移籍する選手です。

いわゆるチームのプロテクトから外れた選手が誰か、というところです。

今年の阪神は打線、守備共に悪いシーズンであったと思います。特に鳥谷選手の今シーズンは非常に精彩を欠いたプレーが多かったと思います。

巷では眼の調子が悪いとも言われていますが、ひょっとするとプロテクトから外れる可能性もあります。

昨シーズン不調だった福留選手は今シーズンは非常に良い働きをしましたが、福留選手は隔年で活躍するという癖もありますし、チームの若返りも考えると、プロテクトから外れる可能性も否定できません。

スポンサーリンク

今年の巨人のプロテクトリストとは?

一方、セリーグ2位に終わった巨人も、なりふり構わずの状況で、FA宣言をしたソフトバンクの森福選手、ベイスターズの山口選手、そして日本ハムから陽岱鋼選手と、各チームで活躍した選手を獲得しています。

ここでも、人的補償で移籍する可能性のある選手が注目されます。

巨人の場合は若年層がなかなか育たないというチーム事情もあり、補強して、若返りを図る可能性もあることから、決してベテラン選手がプロテクトされるという保証もありません。

今シーズンの活躍に精彩を欠いた、片岡選手や生え抜きの亀井選手、今シーズンは守備、打撃で活躍し、ベイスターズに在籍していた頃のように復活の兆しが見えた村田選手も例外ではありません。

来シーズンはサードのポジション争いで厳しくなりそうです。

元楽天に在籍していたマギー選手を獲得しました。更に若手台頭株の岡本選手も打撃には大変魅力がありますし、巨人としても若返りを図る上では岡本選手の起用を考えています。

三遊間が岡本ー坂本というラインにはファンも期待するところではないでしょうか。

そういった外的な要素から、村田選手もプロテクトから外れる可能性もあります。このように、FAという仕組みにより、晴れて希望球団でプレーできる選手もいれば、人的補償という仕組みでチームを退団せざるを得ない選手もいます。

ストーブリーグは色々な人間模様が垣間見ることができるため、プロ野球のニュースとして注目されていますが、ファンからみれば、来シーズンのいいゲームを期待したい所です。

Facebook Comments

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする