巨人は誰を奪われてしまうのか?

%e5%9b%b32

高橋由伸監督2年目は何がなんだか優勝と日本一にならなきゃいけない!との強い意思を感じさせるジャイアンツのオフ。

既に加入が決まった森福&山口に加えて当初オリックスと楽天が手をあげて一騎打ちとみられていた日本ハム陽岱鋼まで獲得確実な状況になっています。

更には日ハムとのトレードやバリバリのメジャーリーガーまで獲得しようとしています。

が来る人あれば去る人あり。

FA補強の裏にあるのは人的補償です。

果たしてジャイアンツは誰を失うことになるのか?あるいは金銭のみとなるのか?

森福投手は人的補償の対象外ですので今回は日本ハムとDeNAの現状をみて人的補償がどうなるか考えてみたいと思います。

まず陽岱鋼選手の人的補償を考えてみましょう。

が、ジャイアンツとファイターズの間では2対2の交換トレードが既に成立しています。しかもジャイアンツから放出された大田は明らかに陽岱鋼退団を前提としたもの。しかもジャイアンツが求めていた左投手で先発でいける吉川を獲得出来たわけです。

そうなると日ハムは人的補償を考えないで金銭のみという選択もありえますが日ハムのドラフトで高校生の左投手3人を指名しながら1人入団拒否された現実とジャイアンツのドラフトでずらっと2位以降並んだ投手の指名を考えると人的補償を投手に求める可能性はあるかと考えます。

もちろんベイスターズにも言えるわけですが。

ではでは右のエース山口を奪われたベイスターズは人的補償をどうするのか?

これはかなりの確率で人的補償を選ぶと考えられます。

普通に考えたら山口が抜け番長三浦が引退し、更に左投手王国となりつつある現状ならば先発が出来る右投手に触手を伸ばすのが本命でしょう。

しかし今年のドラフト直前にベイスターズの高田繁GMが「本当は野手を指名したいけど今年は少ない」という趣旨の発言をしています。

ドラフトでベイスターズ野手を4人指名してるじゃないか?という意見もあるでしょうが半分が高卒新人ですから即戦力となるかは微妙。

となると計算できる野手を人的補償として指名する可能性は結構あるのではないかと考えます。

特にベイスターズは左バッターは充実していますが右バッターが不足気味。特にファーストは助っ人のロペス、サードはどんぐりの背比べ状態と考えるとベイスターズがここに狙いを定める事は充分に考えることが出来ます。

果たしてジャイアンツのプロテクトはどう考えて作られたか。私達には漏れてこないだけに色々と考えができてしまいます

Facebook Comments