吉田正尚新人王獲得なるか!?豪快なホームランでファンを魅了するミスターフルスイング吉田のルーツに迫ります!

スポンサーリンク
%e5%90%89%e7%94%b0

低迷が続くオリックスに一筋の光それは2015年度ドラフト1位で獲得した吉田正尚。上背はないものの類希な長打力が持ち味で新人ながら7本の本塁打を放っている。野球ファンを惹きつける彼の魅力は一体何か?ルーツにも迫ります。

スポンサーリンク

【経歴】

福井県福井市出身。

6歳から野球を始め、中学時代にはボーイズリーグで硬式野球を始める。

高校は野球の盛んな福井県でも名門の敦賀気比高校に進学。

一年生からレギュラーになり、その年の夏の高校野球で早くも甲子園に登場し、なんと一回戦の対帝京高校戦では4番でヒットも放ちました。

翌年春の選抜にも出場し、準々決勝進出の原動力に。

残念ながら甲子園出場はこの2大会のみでしたが、その後は青山学院大学に進学して、ここでも1年生で4番を任され、クリーンナップとして活躍しました。

当然、在学中は日本代表にも選ばれ、対NPB選抜戦では西武の高橋光成投手から本塁打を放つなどすでにプロで活躍できる片鱗を見せていました。私の中でこれは別格の選手だわと感じたのは大学代表VS高校代表の試合で放った2本の本塁打。センターを守ってたオコエが笑ってしまう程の打球にプロでの活躍を予感しました。

そして2015年のプロ野球ドラフト会議でオリックスバファローズから単独1位指名で入団し、現在に至ります。

【プロ入り後】

オリックスバファローズの春のキャンプでは故障もあり出遅れましたが、阪神タイガースとのオープン戦で藤川投手から放った本塁打が京セラドーム3階席前面の壁を直撃。

取材に来ていたスポーツ記者の度肝を抜きました。

2016年プロ野球開幕、1番指名打者としてスタメン出場し、2安打を記録。

その後も試合ごとにヒットを放ち、ルーキーの開幕公式戦連続試合安打記録最長対の6試合連続安打を記録。

その後腰痛を発症して登録抹消となりましたが、8月に1軍に復帰

9月8日時点で打率292,本塁打6,打点19をマークしています。

【吉田正尚が注目される理由】

それは、その類い稀なる長打力にあり、またそれを産み出す身体のサイズです。

身体のサイズは公称、身長173㎝体重80㎏。

同僚の和製大砲、T-岡田選手は186㎝96㎏、昨年トリプルスリーで話題になった、ヤクルトの山田哲人選手は180㎝76㎏です。

いかに吉田選手が背の低い選手か、わかりますよね。

この吉田選手が推定140メール以上のホームランを打てる秘訣はその全身を使ったフルスイングにあり、小さな身体の回転を上手に使って、ボールを遠くに飛ばします。

更にボールを捕らえる技術にも長けており、臭いところをファールにできるのも成績に繋がっていると思います。

【シーズン終盤に突入、進化は続く】

この記事を書いた9月9日。

対ソフトバンクホークス戦で、森福允彦投手の真ん中やや外よりのストレートを見事に捕らえ、ライトスタンドに叩き込みました。

森福投手は左のサイドスロー。

左打ちの吉田選手から見れば、背中からボールが来るように見えるため大変打ちにくいのですが、大きくスイングしながらもうまく捕らえてライトへ運びました。

これが決勝点となり、オリックスバファローズがこの試合に勝利しました。

【キャンプではあのイチローから声をかけられた】

今年1月に『ほっともっと』フィールド神戸で行われていた、オリックスバファローズ新人合同自主トレにメジャーリーガー、マーリンズのイチローが。

吉田選手を含む11人の選手はみんなカチコチ状態で誰も話しかけることさえ出来ないなか、吉田選手はイチローから「青学の子やな」と声を掛けられました。

吉田選手の大学時代の活躍を知っていたそうです。

イチロー選手が帰ったあとの取材に吉田選手は「42歳とは思えない、僕も長く野球選手を続けたい」と答えました

吉田選手はイチロー選手と同じメジャーリーガーのワシントン・ナショナルズ外野手、プライス・ハーパーを目標にしており、入団時にハーパー選手と同じ背番号34を希望しています。

【まとめ】

吉田選手は長距離打者にしては三振が少なく、バットにボールを当てる技術に優れ、またヒットの飛ぶ方向も広角です。

野球ファンならばご存じの、阪神タイガース現二軍監督の掛布雅之や、現役なら読売ジャイアンツの阿部慎之助選手に近いタイプでしょう。

オリックスにはT-岡田という長距離砲がいるので吉田選手はホームランも打てる3番打者に育って欲しいと、監督やコーチ,球団上層部、そして何より、オリックスバファローズのファンが願っています。

まずは残り試合で存在を示して、新人王になってもらいましょう。

Facebook Comments

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしてね

スポンサーリンク