2017年シーズン広島東洋カープ(選手・監督・コーチ一覧)

スポンサーリンク
E38396E383ADE382B0E38080E382ABE383BCE38397E59D8AE38284
スポンサーリンク

独創優勝の昨季に続き充実の戦力

2016年データ
成績:89勝52敗2分(1位)
得点:684(1位)
失点:497(1位)
得失点差:+187(1位)
1点差:18-17
ホーム:51-20-1
ロード:38-32-1
交流戦:11-6-1
観客動員:2,157,331(4位)

絶対的なエースだった前田健太がメジャーに去り、昨季開幕前の前評判は特別高くはなかった。しかし、開幕ダッシュに成功すると、6月に16勝6敗と大きく勝ち越して独走態勢を築き、そのまま最後まで突っ走って25年ぶりのリーグ制覇を果たした。日本シリーズでは日本ハムに2連勝からの4連敗で敗れたが、鮮やかな快進撃は日本全国を巻き込む社会現象となった。
防御率も得点数もリーグ1位、走塁面では次の瑠偉を狙う意識が高く、守備も鉄壁と戦力的にはほとんど隙はない。注目は引退した黒田博樹の穴をどう埋めるか。昨年は故障などでフルシーズン戦えなかった大瀬良、福井に加え、2年目の岡田、さらに薮田、塹江らの成長が連覇の鍵を握る。前田の穴を野村の成長で埋めた昨年の再現となるだろうか。ブルペンも盤石だが、今村とジャクソンの勤続疲労に加え、左腕が不足気味なのはやや気になる。打線は、新井に年令による衰えが来たとしても、”タナキクマル”トリオと鈴木に大きな故障がなければ、得点力を維持できるはずだ。

連覇は決して簡単ではないが、投打とも脂の乗り切った選手が中心で、他球団と比べれば戦力は上。1984年以来となる日本一はすぐ手の届くところにある。

2017年 広島東洋カープ シーズンメンバー一覧

※赤字は新加入選手、緑字はドラフト新人

監督

緒方孝市

コーチ

高信二 河田雄祐 玉木朋孝 石井琢朗
東出輝裕 迎祐一郎 畝龍実 小林幹英
植田幸宏 水本勝己 永田利則 山田和利
朝山東洋 森笠繁 佐々岡真司 澤崎俊和
倉義和 浅井樹 菊地原毅 青木勇人

投手

福井優也 九里亜蓮 大瀬良大地 今村猛
岡田明丈 野村祐輔 中崎翔太 一岡竜司
ジョンソン 戸田隆矢 ジャクソン ヘーゲンズ
永川勝浩 中村恭平 薮田和樹 横山弘樹
中田廉 江草仁貴 塹江敦哉 飯田哲也
藤井皓哉 高橋樹也 小野淳平 辻空
オスカル 今井啓介 中村祐太 ブレイシア
佐藤祥万 加藤拓哉 高橋昴也 床田寛樹
アドゥワ誠 永井良太

野手

會澤翼 石原慶幸 田中広輔 小窪哲也
新井貴浩 菊池涼介 エルドレッド 安部友裕
丸佳浩 下水流昂 松山竜平 鈴木誠也
白濱裕太 磯村嘉孝 船越亮太 多田大輔
中村亘佑 松浦耕大 上本崇司 ペーニャ
梵英心 堂林翔太 桑原樹 庄司隼人
美間優槻 西川竜馬 青木陸 木村聡司
バティスタ メヒア 岩本貴裕 野間峻祥
赤松真人 土生翔平 天谷宗一郎 高橋大樹
坂倉将吾

チームデータ

創立:1949年11月28日
■オーナー:松田元
■球団社長:松田元
■本拠地:MAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島(33,000人)
■事務所:広島県広島市南区南蟹屋2-3-1
■合宿所:広島県広島市南区大洲5-8-27
■ファーム練習場:広島東洋カープ由宇練習場
■リーグ優勝:7回(1975、1979、1980、1984、1986、1991、2016)
■日本一:3回(1979、1980、1984)
■過去5年の成績
【2012】61勝71敗12分 .462(4位)
【2013】69勝72敗3分 .489(3位)
【2014】74勝68敗2分 .521(3位)
【2015】69勝71敗3分 .493(4位)
【2016】89勝52敗2分 .631(1位)
Facebook Comments

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしてね

スポンサーリンク