早稲田実業4番野村大樹(ダイジュ)を紹介!兵庫県宝塚市が地元なのに早稲田実業へ進んだ理由は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
野村

早稲田実業で一年生にして4番を打つ野村大樹(ダイジュ)をご紹介致します。少なくとも来年再来年と注目の的になる選手ですので、彼の何が凄いのかそして何故早稲田実業なのかを調べてみました。

スポンサーリンク

簡単なプロフィール

名前  野村 大樹

出身地 兵庫県宝塚市

身長 172cm

体重 80㌔

ポジション 三塁手・捕手

出身中学 同志社中学

出身チーム 福島リトルシニア

以上が簡単なプロフィールになります。体格面に関してはどっしりとしていて高校レベルのスピードにも負けないパワーはあると言えます。

実家は兵庫県なのに早稲田実業へ進学した理由

私が注目したいのは宝塚市の出身でありながら早稲田実業へ進学した点です。

今の中学野球事情で言いますと、上手な子が違う町のチームに所属するのは珍しくありません。実家が宝塚市であるなら、田中将大の出身宝塚ボーイズ坂本勇人の出身伊丹シニアの方が通いやすいのかなと思ったりもしますが、福島リトルシニアの活動は土日祝のみなのでそんなに苦ではなかったと推測できます。

また最近では卒業生がブイブイ言わせて全国知名度急上昇中の枚方ボーイズ(大阪)なんかも兵庫から通っている子は結構いてます。

中学は同志社中学出身ということでかなり勉強もできる子なのは間違いありません。そしてそれこそが早稲田実業進学の最大の理由でもあるのです。

野村選手のお父さんは学業に厳しい方で、「野球を続けたければ早慶へ行きなさい」と言われていたみたいです。

野村選手は中学3年時に全日本代表でも4番を打っておりましたので、高校野球をしっかり取り組んでいればスポーツ推薦で早慶に入ることはもちろん可能だったでしょう。しかしそれだとお父さんの言葉を履き違えてますよね。

学業を疎かにしなければ野球を続けても良い。その言葉通り、自宅の兵庫から同志社中学のある京都まで通学時間も勉強をし、早稲田実業へ入学したのです。

アニメMAJORでも吾郎が海堂へ入学する為に必死に勉強してましたよね。好きなことの為に他のことも頑張れるそれが野村大樹という人間です。上記の話だけで私はすっかり野村選手のファンです。

実はあの伝説の決勝を観戦したのも理由に

甲子園には今までいくつもの素晴らしい試合がありましたが、その中でも人気上位に来るのが今から10年前の早稲田実業VS駒大苫小牧の決勝戦ではないでしょうか。斎藤佑樹VS田中将大と共にスーパーな投手擁する決勝戦は引き分け再試合となるまさに死闘でした。

この試合を野村選手は観戦していたみたいです。そして再試合の末に優勝を勝ち取った早稲田実業に憧れ、自分のいつかあのユニフォームを着たいと強く思ったようです。

そして昨年の夏、怪物一年生清宮擁する早稲田実業は甲子園出場を果たすのですが、この時早稲田実業は宝塚市にあるバッティングセンターで練習を行っていたみたいです。そのバッティングセンターは野村選手が行きつけの場所でもあり、早稲田実業の選手を生で見た時に進学への思いは間違いないものとなったのでしょう。

とは言え激戦区西東京。早稲田実業に立ちふさがるライバル高校は

野村・清宮二人のスラッガーの他に金子等戦力十分な早実だが、甲子園の道は茨そのものだ。

過去に全国優勝誇る日大三。西東京では避けては通れない強打の名門高校。間違い無くライバル候補だ。その他にも虎視眈々と甲子園を狙って力をつけている高校がわんさかいてる。これらのライバル校を撃破できるのか。

ライバル校撃破その先には甲子園で再び早実フォーバーが待っている。早実が甲子園出たら絶対見に行こうっと

Facebook Comments

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする