ドラフト候補濱口遥大!神奈川大学のエース左腕は果たして何位指名されるのか!※DeNAに1位指名されました!

%e6%bf%b1%e5%8f%a3

※DeNAに1位指名されました!

大学No.1サウスポーとの呼び声高い神奈川大濱口。最速151㌔の真っ直ぐを武器にプロでも奪三振の山を築けるか!?過去の経歴や魅力をご紹介します。

簡単なプロフィール

濱口 遥大

佐賀県基山町出身

1995年3月16日生まれ21歳

175cm80kg

投手(左投左打)

「濱口遥大」の画像検索結果

【経歴】

若基小学校に所属をし、1年生の頃から軟式野球を始めた。

そのまま基山中学校でも軟式野球部に所属をしていた。

地元の三養基高校に進学をすると投手に専念した。1年生の秋の大会から控えの投手としてメンバー入りし公式戦に出場した。また3年の春にはエースとして県大会ベスト8進出をした。

3年生の夏の予選では全試合完投、27回31奪三振6失点に抑え力を発揮したが、甲子園の出場は叶わなかった。

その後は神奈川大学へ進学。1年の春から早くもリーグ戦に出場。この年の秋には新人賞を獲得した。2年春には主力としてリーグV達成に貢献している 。

3年の春には最優秀投手賞を獲得し、大学代表のメンバー入りも果たしている。

高校時代・大学時代の活躍

高校では夏の予選において1回戦に甲子園出場経験のある佐賀東高を完封すると、2回戦では5者連続を含む13奪三振を記録。しかし、3回戦では体調を崩してしまい敗北。県内屈指の好左腕と評価をされていたが甲子園の出場実績はなく、その後は大学へと進学をした。

大学に進学後は、1年から活躍。関東大との試合では、初先発初勝利という華々しいデビューを飾る。その後、秋には主戦を任され、新人賞を獲得した。これ以降エース格としてチームを牽引する。

2年の春に関東学院大戦で延長10回に最速150km/hを記録。この春に4勝を挙げており、チームは9季ぶりのリーグVを達成。しかし、その後は制球難など不調に陥ってしまい、秋は勝利をあげることができなかった。

3年春には調子を取り戻し最優秀投手となっている。この時自己最多の6勝で連続優勝に大きく貢献をした。

大学日本代表としては3年の夏にユニバーシアード大会に出場をし、金メダルを獲得した実績も持つ。

まとめとして持ち味や可能性

やっぱり魅力は左腕でMAX151㌔の真っ直ぐが投げれるところでしょう。加えてチェンジアップ・カーブ・スライダーと空振りが取れる変化球もある。しかし現在の制球力でははっきり言って一軍では通用しないだろう。カウントを稼ぐ技術を身に付けることができれば今年の岩貞のような投手になれる力は十分ある。濱口の真っ直ぐはキレというよりもパワーを感じるしスカウトもそこに目をつけて指名すると予想される。即戦力の期待半分大化けの期待半分で、これからどんな成長を遂げるか予想ができないのが濱口の一番の魅力かもしれない。

Facebook Comments

Leave a comment

Your email address will not be published.


*