ドラフト候補京田陽太!阪神か中日へ!?青森山田→日大と野球名門学校出身の大型遊撃手の過去や魅力に迫ります!

スポンサーリンク
%e4%ba%ac%e7%94%b0

※中日に2位指名されました!

2016年ドラフト候補京田陽太!上位指名が予想されている日大の大型ショート。中学や高校の経歴や選手としての特徴・魅力をに迫ります。

スポンサーリンク

【簡単プロフィール】

京田 陽太(きょうだ ようた)

内野手

身長:184センチ

体重:80キロ

投打:右投げ左打ち

ドラフト年:2016年のドラフト1位候補

経歴:白山能美ボーイズ(寺井中学校)→青森山田高校→日本大学(現:4年生)

【経歴】

石川県能美市出身の京田陽太選手は、寺井小の2年生から軟式野球を始めました。その後、寺井中学校時代には、白山能美ボーイズに所属しました。ここで力をメキメキとつけ、中学校3年生の夏の全国大会ではベスト8を経験しました。

そして高校野球の名門である、青森山田高校に進学しました。

青森山田高校の1年生の春からすぐにレギュラーを獲得しました。ポジションはショート。

1年生の夏の甲子園県大会では全試合にスタメンで出場し、打率.368をマークし、活躍をしました。

2年生の春の青森県大会を制しました。そして夏の県大会では、素晴らしい打撃成績を残しましたが、残念ながら高校3年間で甲子園への出場は果たすことができませんでした。青森山田高校での活躍はプロの目にも留まり、東北楽天イーグルスなどが注目しましたが、日本大学へ進学をしました。

日本大学進学後から、すぐに頭角をあらわし、1年生の春から東都大学野球2部リーグに出場しました。当初は指名打者での出場でしたが、後半からショートのレギュラーをつかみました。

また2年生の春から日本大学のクリーンナップに抜擢され、打撃で活躍し、3年生春のリーグで日本大学を1部リーグにのし上げました。

身長が184センチと大柄ではありますが、体重は80キロと、意外とスリムな体です。打撃、走塁ができる選手として、メキメキと実力をつけました。走塁に関しては、50メートル走5秒9という俊足を生かし、東都大学リーグの2年生秋には盗塁5、3年生秋には盗塁8の最多盗塁をマークしました。

そして日本大学の4年間で、東都大学リーグでは1部で26試合に出場し、打率.260、本塁打なし、打点11、盗塁10をマーク、2部では59試合に出場し打率,291、本塁打1本、打点28、盗塁16をマークしました。

また、2016年の日米野球にも出場しました。成績はイマイチ振るわなかったものの、プロスカウトに対する、アピールはしっかりできたと言えます。

【魅力と可能性】

京田選手の魅力はなんといっても「走れるショート」です。今秋のドラフト候補のメンバーの中で足が一番早い選手として注目されています。プロ野球球団としては、日本ハムファイターズ、広島東洋カープ、東北楽天ゴールデンイーグルスを含め、8球団から注目を浴びています。

大柄な体で走れる内野手(ショート)はなかなかおらず、各プロ球団ともショートで活躍できる選手を探しており、今秋のドラフト会議では引く手数多になりそうな予感がします。

「京田陽太」の画像検索結果

Facebook Comments

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしてね

スポンサーリンク

コメント