白鴎大大山悠輔!阪神が大注目の右の大砲!背番号は?※阪神タイガースに1位指名されました!

%e5%a4%a7%e5%b1%b1

※阪神タイガースに1位指名されました!

背番号予想記事はこちら

2016年ドラフト候補白鴎大学大山悠輔。リーグ優勝からは遠ざかっているものの、毎年のようにプロ入り選手を輩出している白鴎大。同大学で今年、大型右腕・中塚駿太とともにドラフト指名が有力視されているのが、今夏の大学日本代表チームで4番を務めた大山悠輔。投手が豊作と言われる今年のドラフトでは数少ない右の強打者として注目を集める彼の魅力や特徴について纏めました。

【簡単なプロフィール】

名前:大山 悠輔

出身:茨城県下妻市

生年月日: 1994年12月19日

身長体重:181cm84kg

守備位置:内野手(右投げ右打ち)

在籍:白鴎大(つくば秀英高)

「大山悠輔」の画像検索結果

【経歴】

小学校から野球を始め、千代川中学ではKボールの茨城代表として全国3位を経験。

高校は塚原頌平(オリックス)に憧れ、つくば秀英に進学。

1年夏の茨城大会では3番遊撃手で出場も、無安打でチームも初戦敗退。秋季大会でも県大会2回戦止まりも、同年冬の県選抜チームに諏訪洸(現・亜細亜大)らとともに1年生ながら選出され、米国遠征を経験。

2年夏には投手・遊撃手両面でチームを牽引。準々決勝までの5試合中3試合に先発、打っても4割越えに1試合2ホームランを記録する活躍ぶりでした

秋季県大会では、エース・主将として夏に敗北した霞ヶ浦相手に再び先発しますが、味方のエラーから流れを失うと挽回できず連敗。

翌春はエースナンバーが他の選手に渡るも、県大会初戦の波崎柳川戦で遊撃手として好プレー、最終回に登板して完璧なリリーフとチームをなんとか接戦の中で勝利に導きます。

しかし、次戦では土浦湖北の好投手・野口和希の前に打線が完全に封じられ、完封負け。大山自身も4タコと完敗でした。

高校最後の夏もチームを上昇気流に乗せることはできず、前年破った土浦三にリベンジされての初戦敗退。自身は3安打を放つも、走塁ミスが大きく響いてしまいました。

3年間で甲子園も関東大会出場もありませんでしたが、投手として140キロ、打っても高校通算30弾ということで当時から注目度の高い選手ではありました。

 

白鴎大に進学後は野手に専念し、早速レギュラーの座を掴みます。

※本人、同大学での黒宮寿幸監督や同学年で甲子園でも活躍していた龍幸之介との出会いが自分を変えるきっかけになり、積極的に取り組むようになったそうです。

1年春のリーグ戦から三塁手として出場を重ね、上武大戦で大学初本塁打を放つなど強力打線で先輩達に負けない活躍。打撃10傑入りでベストナインを受賞します。

2年秋に自身2度目のベストナイン、続く横浜市長杯でも打線の牽引役として桐蔭横浜大、東海大と強敵をいずれも撃破。準決勝で上武大に敗れるも、好投手・山下仁を相手に3安打をマークしました。

3年時はタイトルとは無縁も、主軸として安定した成績を残し続け、自信を深めていきます。

そして4年春、シーズン8本塁打の新記録を樹立する活躍を見せると、今夏には大学日本代表の4番として日米大学野球に出場。一躍大学球界を代表するスラッガーとして名を馳せることに。

今秋のリーグ戦では今のところ本塁打無し。自身もチームも波に乗れずにいますが、大学入学後から1度も成し遂げていないリーグ優勝、そしてOBの塚田正義が残した本塁打のリーグ記録(18本)更新を果たすことができるのか、引き続き注目されます。

【特徴や魅力】

ゆったりと構えから力を抜いて、インパクトで押し込んで飛ばすタイプの強打者です。ボールを長く見て、右方向へも飛距離が出せるということで、稀少な右のスラッガーとして期待されます。

とはいえ、まだ上体が突っ込んでしまうケースも少なくないので、上のステージではレベルの高い変化球への対応がカギになりそうです。

特別足が速いという訳ではないですが、毎シーズン盗塁を積み重ねているなど走塁面でもアグレッシブなプレーを見せます。

守備も140キロ投手として鳴らした強肩ぶりと三塁手としての捕球・送球の安定感が光ります。大学日本代表候補の選考合宿では高校で守っていた遊撃、更には二塁もこなす融通性も見せました。

【まとめと将来性】

やはり打撃での期待度が高い選手ではありますが、それだけでなく現時点でも走守の確かさがあるので、次のステージでも早くからスタメン起用される可能性があります。

高校時から非常に穏やかで人間性も評価されてきた選手ですが、大学ではそこに食い下がって取り組んでいくメンタルも培ってきました。

同じ強打の三塁手ということで、目指す松田宣浩(ソフトバンク)のようなアグレッシブなプレー・ここぞの活躍でチームを勝利に導ける選手になっていってほしいと思います。

 

Facebook Comments

Leave a comment

Your email address will not be published.


*