2016年横浜DeNAベイスターズドラフト予想!1位は柳か田中か!?※濱口遥大を獲得しました!

%e6%a8%aa%e6%b5%9c

※濱口遥大の交渉権獲得しました!

ラミレス新監督のもと、11年ぶりのAクラスとなる3位でペナントを終了。初出場となったCSでも巨人を破るなど、最後まで地力の高さを見せたDeNA。

勿論、ラミレス監督のデータを重視しつつも若手を大胆に登用した手腕も大いに評価されるべきですが、昨季まで下位に沈みながらも着実にチーム作りを進めてきた中畑政権下の奮闘もあってこそでしょう。

三浦大輔はじめベテラン選手たちが去る中、投打に若返りつつも確かな力と自信をつけたチームは来季以降も上を目指せる可能性十分。そんなチームを更に充実させ、上を目指すとともに常勝軍団とするための礎となるドラフトを目指します。

補強ポイント・戦略

三浦大輔が2軍(今年で引退)、久保康友やモスコーソもフル回転とはいかない中でも先発陣は安定していました。特に2年目の石田健大と新人の今永昇太は防御率2点台と奮闘。砂田毅樹も加えた若手左腕トリオが今後もチームを担えそうというのは、永く左腕不足に泣いていた同球団としては奇跡的な状況でしょう。

完投能力の高い山口俊が今オフのFA流出の可能性もあるというのは悩ましいですが、井納翔一の勝ち負けが逆転して、三嶋一輝や飯塚悟史が脇を固めることができれば決して穴が埋められない訳ではないように思います。

とはいえ、若い投手陣には更に厚みを持たせたいところ。更に上を目指すには即戦力が1枚は欲しいですね。前記の通り、有望左腕が少ないという訳ではないので、左右に拘ることなく指名できそうです。

リリーフ陣もいろんなタイプが揃っているものの、田中健二朗以外に頼れる存在がいなかった左腕は余裕があれば獲得しても良いかもしれません。

内野は一塁のロペス、遊撃の倉本寿彦が攻守に欠かせない存在であったのに加え、宮崎敏郎が持ち味の打力を本領発揮し始めてレギュラー格に。二塁・三塁を守れる選手で、本来なら石川雄洋や白崎浩之らの調子も見つつ使いたいところですが、いずれもレギュラーを担うには物足りない内容。助っ人のエリアンをはじめ、2軍選手を見ても打力がある二塁・三塁手の1軍候補が少ないという状況。優先事項とまではいかなくとも、補強ポイントとはいえそうです。

そして外野手に関しては井手・渡邊の退団で右打者が桑原将志と新人の青柳昴樹の2名だけという状態。左はスタメンクラスが居並ぶだけに、右打者はぜひ獲得していきたいところ。今季のFA市場にはニーズに合った外野手もいる訳ですが、いずれにせよ足りなすぎるだけに即戦力でなくとも、ドラフト指名は欠かせないでしょう。

【マークしている主な選手】

<1位候補:即戦力投手>

柳裕也   投手  右投げ右打ち 明治大

田中正義  投手  右投げ右打ち 創価大

佐々木千隼 投手  右投げ右打ち 桜美林大

寺島成輝  投手  左投げ左打ち 履正社

多くの球団と同様に、特に即戦力として期待度の高い田中・佐々木の両投手をマーク。そして柳に関しては地元・横浜高で鳴らし、今や東京六大学でも屈指の右腕。引退する三浦大輔のように先発として息の長い投手になれる資質のある投手で、チームのためにプレー以外でも貢献できる人間性も魅力です。明治大から同球団への入団選手は10年以上いない訳ですが、遂にその時が来るのか気になるところです。

<指名候補:右打ちの外野手>

藤嶋健人  外野手 右投げ右打ち 東邦

細川成也  外野手 右投げ右打ち 明秀日立

常道翔太  外野手 右投げ右打ち MHPS横浜

長谷川拓真 外野手 右投げ右打ち JR東日本

藤嶋・細川は投手としても鳴らしましたが、その打力を活かした外野手としての将来性が高く評価されています。右打ちの強打者も自前で育てることができれば、非常に夢のある打線になりそうです。
常道は一昨年のドラフトで福地元春を獲得したお膝元の企業チーム、MHPS横浜の主軸で雄大な体躯からスケール感のあるプレーができる外野手。
長谷川はチーム登録上は内野手ですが、現在は外野手として出場。打力に加え、内外野守れるユーティリティーとしての起用が望めるのも魅力です。

<指名候補:打撃の光る内野手>

松本桃太郎 内野手 右投げ左打ち 仙台大

大山悠輔  内野手 右投げ右打ち 白鴎大

糸原健斗  内野手 右投げ左打ち JX-ENEOS

金子聖史  内野手 右投げ右打ち 東芝

いずれも三塁を守っている主軸打者。昨年の熊原健人に続き2年連続での仙台大からのプロ入りが期待される松本。指名のボーダーライン上かと思われてきましたが、最後の秋もしっかりと数字を残して評価は上がっているかもしれません。

糸原は巧打者タイプで、この中では最も攻守に融通性がある選手。主軸の脇を固める役割が期待できそうです。

【最後に】

補強ポイントが多過ぎる!!という悲しい声も少なくなかった以前までのチームとは違い、今ならポイントを絞りつつ先々に明確なビジョンを持ったドラフトが展開できそうです。

広島に続いて久々の優勝を実現するための、更なる1歩となりそうなだけに、より注目したいですね。

Facebook Comments

Be the first to comment on "2016年横浜DeNAベイスターズドラフト予想!1位は柳か田中か!?※濱口遥大を獲得しました!"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*