中日ドラゴンズ2016年ドラフト予想!森政権は「将来性重視」のドラフトか!?※柳裕也を獲得しました!

%e4%b8%ad%e6%97%a5

※柳裕也の交渉権獲得しました!

中日ドラゴンズ2016年ドラフト予想!

上手く回らないチーム程と言えることでもありますが、今年の中日はフロントと現場の温度差や落合GMへの不満などグラウンド外でのあれこれに関する記事の方が印象的だったシーズンだったのではないでしょうか。

広島にヤクルト、DeNAといった勝てない時期を経ながらも、しっかりとチーム作りをファンと共に進めてきた球団とは対照的であり、かつてAクラスの常連だったという立場は崩れ、逆転されてしまったといえます。

 

ここ数年でベテランの多くがグラウンドを去り、世代交代が進むはずでしたが、偏ったドラフトの弊害、現場との需要の乖離などが表面化してチームは上手く機能していないように感じます。そんな状況だけに、一からのチーム再建を目指す森政権では目先にとらわれない「将来性重視」のドラフトが求められそうです。

【補強ポイント・戦略】

かつての投手王国は完全に崩れ去り、規定投球回に到達した投手は一人も出ず。チームの最多勝利が大野雄大と若松駿太の7勝とは寂しい限りです。

 

ドラフト1位ルーキー・小笠原慎之介や小熊凌祐が奮闘するなど明るい材料もありますが、これまで上位指名してきた投手の多くが今年も結果を残せず、くすぶっている状況なのは非常に頭が痛いところ。チームの「指導・育成」という面も勿論ですが、独自路線の強過ぎた指名に関しても大いに見直すところがありそうです。

 

リリーフ陣も、20代の投手たちが奮闘していますが層が厚いとは言えません。起用法の変更によって布陣が大きく変わる可能性はありますが、それでも苦しいやり繰りになるでしょう。やはり、今ドラフトは投手中心に指名する必要がありそうです。

内野手はまだ物足りなさはあるとはいえ、高橋周平や堂上直倫がレギュラー格へ。荒木雅博の後釜として二遊間を守れる選手は多いものの、まだいずれも一長一短でレギュラーへの決め手には欠けます。

外野は主力の平田良介・大島洋平がともにFAでの流出危機。仮に2名ともに抜けた場合、1年間レギュラーで働いた実績のある選手は殆どいなくなる状況。内野手とともに、大学・社会人の指名が続いていた影響で20歳前後の若い選手がいないということもあり、いずれについても1名は指名しておきたいところでしょう。

【マークしている主な選手】

<1位候補:即戦力投手>

柳裕也   投手  右投げ右打ち 明治大

田中正義  投手  右投げ右打ち 創価大

佐々木千隼 投手  右投げ右打ち 桜美林大

今井達也  投手  右投げ右打ち 作新学院

先発ローテを任せられる、これからのチームを永く支えていけるだけの投手を確保することが今ドラフト最大の目標でしょう。それを達成するために競合覚悟で臨むのか、それともなるべくリスクを回避していくのかは難しい判断になりそうです。

個人的には、柳裕也を推したいところです。というのも、明大の大エースという中日で大黒柱になることをどうしても期待してしまう経歴であることもありますが、何よりどんな環境・雰囲気でもストイックかつチームのために取り組めるというところからです。今の中日に必要なのは、そういった部分でチームを変えていく・引っ張っていける選手のはずです。

<指名候補:将来性重視の投手>

京山将弥  投手  右投げ右打ち 近江
島孝明   投手  右投げ右打ち 東海大市原望洋
丸山泰資  投手  右投げ右打ち 東海大
中塚駿太  投手  右投げ右打ち 白鴎大

かねてからスカウトが高い評価をしてきた京山は進学濃厚だったのが一転、プロ志望届を提出。ある程度順位の確約があるのか?は不明ですがお膝元の逸材だけに期待は高まります。個人的にも京山はプロで活躍できる選手だと思っています。

島や中塚は既に150キロ台の球速をマークしている大型右腕で、潜在能力は非常に素晴らしいものがあります。中塚については中日から1位候補とまでコメントを出しているようですが、さすがにブラフでしょうか…。

丸山は今年に入って評価を下げてしまった印象ですが、先発・リリーフ両面で面白い右腕。もともと愛知の出身、東邦高校で腕を磨いた右腕で昨年の渡辺勝に続く東海大からの指名となるでしょうか。

 <指名候補:内野手>

吉川尚輝  内野手 右投げ左打ち 中京学院大

源田壮亮  内野手 右投げ左打ち トヨタ自動車

松尾大河  内野手 右投げ右打ち 秀岳館

高橋優斗  内野手 右投げ左打ち 愛工大名電

吉川・源田は二遊間でレギュラー争いができる選手。中日はペナント最下位ということで、1位指名が終わって、もしも吉川が残っていた場合には指名できる確率が高くなります。

もし残っていなかった場合には源田ら他の内野手を2位指名していく可能性もありそうです。また、上位~中位で投手指名が上手くいけば下位で高卒選手を獲得することも視野に入れたいところです。高橋は愛工大名電の強打者。夏は本来の調子ではなかったようですが、均整の取れた体躯・シルエットでプレーが映える選手で、打つ以外の能力も高いと評判です。

<指名候補:外野手>

藤嶋健人  外野手 右投げ右打ち 東邦

鈴木将平  外野手 左投げ左打ち 静岡

森山恵佑  外野手 左投げ左打ち 専修大

泉祐介   外野手 左投げ左打ち 花園大

藤嶋については中日は投手として高評価しており、本人の希望に沿った起用も見込まれていますが、右打ちの外野手としての魅力も捨てきれません。

鈴木は走攻守の三拍子が揃っており、ナゴヤドームの中堅手としてプレーする姿がそう遠くない未来に望める選手。

森山は本塁打数がリーグ最下位に終わった中日に加えたい大砲候補。泉は俊足がウリの選手で、全国的な知名度は高くないものの、下位や育成から這い上がって1軍戦力になれる可能性も十分です。

 【最後に】

欲を言えば、もっと加えたいポジション・役どころはたくさんあるでしょうが、とにかく一からというところで吟味した指名と育成をしていきたいところ。

どうしても落合GMの動向にも注目が集まりますが、これからどれだけ球団が一丸となって取り組んでいけるのか、その姿勢が最初に問われるドラフトとなりそうです。

Facebook Comments

Be the first to comment on "中日ドラゴンズ2016年ドラフト予想!森政権は「将来性重視」のドラフトか!?※柳裕也を獲得しました!"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*