2016年ドラフト候補履正社寺島成輝!打撃能力も高いが投手でプロへ!※ヤクルトに1位指名されました!

寺島

※ヤクルトに1位指名されました!

甲子園予選激戦区の大阪ですが、履正社はここ二年続けて大阪桐蔭に敗れています。

2015年夏はその大阪桐蔭を破って大阪偕星が勝ち抜き甲子園に出場していますが、現在大阪の勢力図は横綱の桐蔭VS大関の履正社そして力を付けて虎視眈々と優勝を狙っているその他の高校。となっています。

 

 

少し例え方が悪くなってしまいましたがそれくらい桐蔭の力は抜けています。全国的なイメージでは桐蔭より弱いけど、履正社も結構強いんだよね!って感じでしょうか。

 

ふざけるな!!私個人の感覚では桐蔭≒履正社で実力差ほぼ無し、一つのミスが命取り全くの互角です。しかし夏の一発勝負という戦いにおいて桐蔭の選手の集中力は半端ではありません。紙一重のところで二年連続履正社は苦渋をなめています。

 

しかし、今年は例年より更に戦力が充実している履正社が大阪代表の本命なんです!そのチームのエースでドラフト1位候補、高校生No.1左腕と言われているのが寺島成輝です。

 

まずは簡単なプロフィールを

 

 

名前 寺島成輝

誕生日 1998年7月30日

身長 183cm

体重 86㌔

最速 148㌔

決め球 フォーク

 

 

体格が素晴らしいですね。去年の秋季大会の時トイレですれ違ったことがあるのですが、身長の高さよりも横幅があるなぁ!という印象でした。そしてこの体格とは似つかわしく無い非常にスムーズなキレイな投球フォームが特徴です。

 

左腕でMAX148㌔と聞くと豪快なフォームでどちらかというとノーコンなタイプが多いイメージなのですが、寺島は真逆です。コントロールが良く球持ちの良さやキレで勝負するタイプです。これが高校生にしてドラフト1位候補に挙げられる理由かと思います。

 

寺島が二年の夏、初戦で桐蔭と激突したのは覚えている方も多いと思います。あの日高速道路降りてからの渋滞が凄かったです。あの試合の寺島の印象は、牽制が上手で打撃のセンスもいい。敗戦したものの3安打を放つ等来年も注目の選手だと感じた。そして新チームになると寺島は四番打者でエースだったので、やはり打撃も凄いのかと再認識。

 

しかし、春になると履正社には実は山口というもう一人プロ注目の左腕がいて彼がよく投げていた。打撃力のある投手は、登板してない時は一塁手もしくわ外野で試合に出るのが高校野球では一般的なのです、寺島はベンチに控えている。それくらい今年の履正社には戦力が整っているということではないだろうか?3番を打つ四川や4番の安田等全国でも十分通用する打者を擁している。

 

大阪大会を勝ち上がり甲子園に出場となれば、寺島の名前は一気に全国区になることは間違いありません。そうなると現在ハズレ1位での獲得を検討している球団も単独指名に踏み切る可能性が高まってきます。そして何よりも高校野球ファンとして、素晴らしい選手を甲子園で見たい気持ちがあります。

 

まずは大阪大会を勝ち上がりその後に運命のドラフトを待ちましょう。地元やねんから阪神獲ってくれー!

Facebook Comments

Leave a comment

Your email address will not be published.


*